三笠宮が雅子妃入内に不快感を示した?

婆嘘

950 名前: 三笠長老が雅子入内に不快感を示した? 2007/05/14(月) 23:48:05
皇室御一行様★アンチ編★part845
460 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2007/04/14(土) 20:47:40 ID:jE/ZWTw60
マコオタの三笠宮様お写真のコメントからコピペ
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&page=2&blood=20070412225016&parent=35928
-------------------------------------------------
三笠宮の反対ソース
『消えたお妃候補たち』P205より引用
「皇室会議では、皇族としてただ一人出席した三笠宮は、「雅子妃決定」に
皇族を代表する形で不快感を示したといわれる。」

最終的に賛成してしまわれたのではあっても、祝賀ムード100%の中で
不快感を示された三笠宮様は先見の明がおありだった。
ご自分の息子である高円宮が、チッソの孫を皇太子に近づける動きをするのを
苦々しく思われていたかもしれない。
--------------------------------------------------------------
やっぱり三笠宮様、雅子のこと嫌いなんだね。
今年の新年参賀でも陛下のお言葉なのにベラペラしゃべり続ける雅子の方、
呆れたように見ていらしたもん。

951 名前: 三笠長老が雅子入内に不快感を示した? 2007/05/14(月) 23:49:08
『消えたお妃候補たち』  引 用 部 分 の 手 前 P204-205

二月八日には、天皇夫妻の住まいである赤坂御所「槍の間」「日月の間」
で夕食会が催された。招かれたのは天皇家の一族と小和田雅子一家それに
皇后の実家の正田家の人々や秋篠宮紀子妃の両親、天皇の姉夫妻にあたる
池田隆政・厚子夫妻など二十七人。皇室一家が勢揃いしての夕食会は三時
間に及んだ。
美智子皇后が婚約された時は、宮家と旧皇族の各家を皇后と両親が挨拶に
回ったにすぎない。
その後も、皇后が実家に帰ることはほとんどなかった。正田富美子は、音
楽会などで美智子皇后と出会った場合でも、娘に向かって深々と頭を下げ
て別れるだけだった。もちろん、昭和天皇と現皇太后(香淳皇后)が、美智
子皇后の両親である正田英三郎・富美子夫妻と、仲睦まじく食事をともに
する機会というものは、婚約時も、それ以後もただの一度もなかった。

二月八日の団らんは、天皇夫妻が望んで実現したといわれるが、皇族の宮
家の方々は呼ばれていない。一月十九日の皇室会議のあとに、皇太子と小
和田雅子が挨拶を済まされているから、というのが理由だった。

皇室会議では、皇族としてただ一人出席した三笠宮は、「雅子妃決定」に
皇族を代表する形で不快感を示したといわれる。二月八日の夕食会のこと
でも、自分たちがないがしろにされていると感じたのだろう、一度は、三
月十七日に決まった納采の儀が引っくり返っている。

952 名前: 三笠長老が雅子入内に不快感を示した? 2007/05/14(月) 23:52:13
前後の脈絡から切り離して引用してはね…。

三笠長老は、両陛下が二月八日の夕食会に招かれなかったことなどで、不
快感を感じておられたとある。

それにしてもこの時の皇室会議のメンバーは三笠長老だけでなく、百合子
妃もおいでだったはずだが。いい加減な記述だ。

953 名前: 三笠長老が雅子入内に不快感を示した? 2007/05/14(月) 23:53:58
全員規律「心から賛意」  皇室会議、30分余で承認

皇室会議は帝国の八時半、宮沢首相の開会宣言で始まった。藤森宮内庁長
官は約十五分かけて、雅子さんの経歴などを出席した十人の議員に説明。
その際は、議場は厳粛な雰囲気に包まれていたという。
説明に対する質問や意見の場も設けられたが、議案に対する質問や意見は
聞かれず、沈黙を破るように原参院議長が「誠におめでたいことで、心か
ら賛意を表したい」という発言があっただけ。採決では全員が立ち上がって
可決。

日本経済新聞 夕刊 1993年1月19日
----------------------
意見を述べたのは、原参院長だけ。
しかも祝いの言葉のみ。

955 名前: 三笠長老が雅子入内に不快感を示した? 2007/05/15(火) 00:07:03
ついでに

皇太子さまご結婚正式決定 晴れやか祝福列島 思いやりから結ばれた絆
読売新聞 夕刊 1993. 01. 19

◆皇室会議 終始なごやかに
 この日の皇室会議は、終始なごやかな雰囲気。宮内庁の古居儔治審議官
や藤森昭一長官の説明が終わると、議長を務める宮沢首相が「何かご意見、
ご質問はないですか」と議員らの顔を見回した。
一瞬の沈黙のあと、原文兵衛参院議長が「このうえなく、まことに結構な
ことと存じ上げます」と発言した。宮沢首相が「ほかにご発言はございま
せんか。なければ、採決させていただきます」と言うと、全員が一斉に起
立した。そのあと署名するために、議決録が三笠宮さまから順次回され、
紅茶とケーキも出された。
--------------------------
紅茶とケーキ…。


戻る

inserted by FC2 system