土管サイトの着袴の儀叩きに対する衣文者の抗議

757 :転載:2007/08/08(水) 09:48:46
アンチ皇室ヲチスレ Part146
83 名前: 名無し草 [sage] 投稿日: 2007/03/02(金) 22:01:33
>>82
土管サイトに着付けか何かで衣文者が書き込んでなかったっけ?
無視されたけど

243 名前: 名無し草 [sage] 投稿日: 2007/03/03(土) 08:51:38
土管サイトの着袴の儀叩きに対する衣文者の抗議を貼っておく。
連投すまん。

758 :転載:2007/08/08(水) 09:49:46
244 名前: 着袴の儀@衣文者 [sage] 投稿日: 2007/03/03(土) 08:51:42
392 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2006/11/11(土) 21:27:03 ID:i8QbSAbn
>>385
お顔は確かに福迫さんでしたね
着袴の儀の前に詳しい奥様が儀式には内掌典などが関わるとの話でしたが
結局普段の養育係二人が行ったわけですね
そのあたりの経緯に着袴の儀がなかなか実現しなかった原因があるのでは

479 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2006/11/11(土) 22:49:37 ID:rJ3BUtcp
>465 439です。
では、玄関で着ていたものは、袿(五衣)の上を取ったものではなく別なものなのですね
それから、お詳しいようなので、伺いたいのですが、サーヤの時の画像を見ると、
襟が二重になっていてお着物を重ねて着ているのですが、愛子ちゃんは重ねてません。
それはどうなのでしょうか?

616 名前: sage 投稿日: 2006/11/12(日) 02:11:31 ID:Vi0G99OP
それと、本番の日のあの玄関での格好は、濃色の小袖の袖と表着(小
袿のつもりなのかな?あのピンクと黄色のw)の丈や幅が全然合ってな
くてスカスカな感じでヘンでした。
-----------------------------
2. Posted by 衣文者 2006年11月18日 22:47
>玄関先のピンクと黄色の衣装について
>皆さん、超詳しいです。
鬼女さんたちの装束の知識、半端ですね。
葡萄色とか単とか、いい加減なことばかり書いてる。


3. Posted by >衣文者さん 2006年11月19日 20:43
それでは衣文者さんが正しい知識を教えていただけないでしょうか?
どういう人間関係でもそうですが、人の批判だけをして、自分の意見(知識)を言わない
人はいぶかしがられると思うのですが?


759 :転載:2007/08/08(水) 09:50:48
245 名前: 着袴の儀@衣文者 [sage] 投稿日: 2007/03/03(土) 08:52:07
4. Posted by 衣文者 2006年11月20日 00:10
小袖と袴の色は濃色(こき)といって、未婚女性に定められた色です。
上に何を着るにも、この色と決まっています。
紅の二倍織物(ふたえおりもの)の御召し物は袿(うちき)と報道されているけれども、どう
もおくみが無いようなので細長(ほそなが)のように見えます。
細長のほうが童形服としては一般的です。(紀宮さまも細長でした)
何枚か重ねているのではなく、若草色のおめりと桃色の中陪(なかべ)が見えている仕立て
の細長に、濃色の単を重ねているようです。
(かさねの色目については文献によって諸説あるので言及は避けます)


5. Posted by 衣文者 2006年11月20日 00:11
また、ピンクの浮織物の御召し物は袙(あこめ)にしては長すぎますので、これも細長でし
ょうか。
黄色は重ね着ではなくこれも裏地がおめりになっているもののよう。
浮織物にぼんぼり扇で単無しの袿袴道中着姿は、礼服ではなく通常服にあたるのが格とし
て気になるところではありますが、童形姿の場合の格については、私は詳しくありません。
ちなみに、小袖の袖と広袖である細長や袿の袖が合っていないのはデフォルトです。


6. Posted by 衣文者 2006年11月20日 00:51
もっとも、袙という名称の装束は数種類あって、成人の装束で下に着籠めるものも袙と称
するので、その意味で使われたのかもしれませんが、童形の袙は一般的に、足首くらいま
での丈で引きずらないものなので、端折って着る必要は無いのです。


760 :転載:2007/08/08(水) 09:52:03
246 名前: 着袴の儀@衣文者 [sage] 投稿日: 2007/03/03(土) 08:52:18
7. Posted by 衣文者 2006年11月20日 01:17
ところでサーヤの襟が二重だったという件。
手元にある本に載っている、サーヤの着袴のカラー写真は一重でした。
装束の作法から考えても一重のほうが正しいので、該当URLのモノクロ写真は習礼の写真
で、着付けのだれかがうっかり間違っちゃったとか?
外部の専門の衣文者に御召があるのは即位礼くらい大きな儀式のときだけで、陛下の日常
の祭祀なども専門家に指導を受けた侍従などが御服上げするそうですし、浩宮さまの着袴
の腰結いも東宮太夫でしたから、今回ハクションさんが着付けていたのに不自然な点はあ
りませんね。
追記すると、着袴の儀は神事ではなくあくまでも家庭内の儀式なので、神職である内掌典
は関わりません。
参拝はその着袴が無事に終わったことを先祖や神々にご報告する、という行為ですから。


761 :転載:2007/08/08(水) 09:53:06
247 名前: 着袴の儀@衣文者 [sage] 投稿日: 2007/03/03(土) 08:52:23
8. Posted by mj 2006年11月25日 07:10
なるほど…と書いては見るものの知識のない悲しさ、それが正しいのかどうかの判断はつ
きませんが、解説ありがとうございます。面白く読ませていただきました。
アンチスレでは東宮家のすることがすべて間違っているというような前提で話が進んでし
まうことがあり、今回も宮中装束や儀式についての正確な情報がないまま批判だけが先走
ったようなところは違うのではないかと思っていました。
が、それもこれも東宮一家の中途半端な露出に原因のひとつがあるように感じます。
もう少しちゃんとした映像を提供してくれていれば、マスコミも詳しい解説をしていたの
ではないでしょうか。
今は宮内庁サイトのご日程の記載で内宴についてあれこれ言われています。本当に東宮一
家がおかしいせいで(?)全てに歪みが生じてしまっている気がしてなりません。

10. Posted by 衣文者 2006年11月27日 21:29
今ではネットでもこの程度の情報は手に入るのですが、叩きたい一心の方々の目には入ら
ないのでしょうね。ドス子wikiの方も酷いものです。
しかしマスコミはおろか、宮内庁も最近頼りないものです。袿(うちき)という名称、すべ
ての報道が用いていたからには宮内庁がそう発表したのでしょうし。
私は特に誰のアンチでも贔屓でも無いのですが、装束に関してだけは間違いを正してゆき
たいと思っています。


11. Posted by さ迷える魂 2006年11月30日 08:56
愛子様は確実に療育が必要なのでは?
実母も神経(専門的には精神の分類じゃないんですよアノ病気)を病んでいて、また特殊
な環境で育てられているのだから、きっちり療育しないと。
きっちり療育していれば、何も言われないのにね。


762 :名無し草:2007/08/08(水) 09:54:01
自分たちの誤りを正されても認めない
話をすり替える婆

763 :名無し草:2007/08/08(水) 14:18:39
ちょうどオカ板の婆姉妹スレで
今日の午前中一杯(レス番130-170前後)着袴の儀叩きしてたw

764 :名無し草:2007/08/08(水) 14:45:11
放置&観察=生ぬるい笑い



戻る

inserted by FC2 system