香淳皇后の斂葬の儀関係

19 :●:2007/06/15(金) 06:33:27
アンチ皇室ヲチスレ part175
103 名前: 名無し草 投稿日: 2007/06/06(水) 15:00:39
皇太子でブログ検索してたんだが
結構、雅子様のことが多く書いてる変なブログがちらほらと…
で、その中から見つけたんだけど
雅子様って香淳皇后に関連したものは一切出ていないって書いてたが
本当なの?本当だとしたら理由は何なんだろ?

113 名前: 名無し草 投稿日: 2007/06/06(水) 15:17:09
病気が悪化した時期と、香淳皇后の崩御が重なっているから
20 :●:2007/06/15(金) 06:34:35
http://moura.jp/scoop-e/seigen/pdf/20060417/sg060417_kyuchu_01_2.pdf
平成11(1999)〜12(2000)年は懐妊、流産、そして13年に再び懐妊、出産。
当然、祭祀は飛び飛びになる。

愛子内親王ご出産後も平成14年(2002)3月13日の
「賢所皇霊殿神殿(かしこどころ・こうれいでん・しんでん)に謁(えっ)するの儀」
までは産後の穢れがあるから祭祀にあずかれないのでは。
「香淳皇后に関連したものは一切出ていない」というのは嘘。

2002年3月21日から2003年9月23日までの祭祀に出席。
2002年6月香淳皇后例祭、2003年6月香淳皇后三年式年祭にも出席。

21 :●:2007/06/15(金) 06:35:39
その後、体調を崩され休みがちになり、2003年12月からはじまった闘病生活
が四年目。
さして異様とも思えない。

月ごとに生理のある女性が、完全に祭祀の日程に合わせるためにはピル
を使って生理の日程を調整する必要がある。
年間の欠席が0ということのほうが有り得ない。
生理の穢れは内掌典の女性の場合8日間ときく。
月の四分の一はつぶれる勘定だ。

平成11年(1999)当時の皇太子妃は不妊治療に臨んでいたはずだから
ピルを使ってまで生理の日程を祭祀に合わせていたとは思えない。
【ソース】皇室の中の人【キボンヌ】より
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1181605538/463
463 :名無し草:2007/06/28(木) 21:06:16
斂葬の儀関係の資料(補足)

雅子妃の二度目の懐妊発表がされたのは2001年4月16日
この日は香淳皇后の10ヶ月目の月命日にあたり、皇太子夫妻は
そろってお参りをされた
そのあと0時半から東宮大夫による懐妊の可能性の発表をした


戻る

inserted by FC2 system