メモ:浜尾さんの「美智子さま愛と心の小さな話」090328

皇室御一行様ヲチスレ part358

265 :名無し草 [sage] :2009/03/28(土) 10:10:54
浜尾さんの「美智子さま愛と心の小さな話」を読んだ。
美智子さんの話だけではなく、皇室の小さいエピソードが載っている。
浜尾さんのことはよく知らないから証言がどこまで当てになるのかわからない。
この本は1997発売。

浩宮の誕生日の夜に美智子さんの両親、兄、弟、妹が集まってお祝いをしたことがある。
美智子さんの両親は浩宮に誕生日プレゼントを複数回送っている。
浩宮の着袴の儀に美智子さんの両親がいたそうだ。この件は浜尾さんの記憶が曖昧っぽい。

両陛下は平成2年に御用邸が3つもあるのに
軽井沢のホテルで静養するのは贅沢だとバッシングされた。

現両陛下は外国の王室とクリスマスカードの交換をする。
ttp://babauso.white.prohosting.com/03/xmascard.html
(話の流れから、皇太子の頃の話のようなので
今もやっているのかわからない)

昭和天皇の「昭和天皇陵」の文字は礼宮が書いた。
御陵の文字は次男か直系の孫の2番目の男子が書く。
昭和天皇陵の文字を礼宮が書いたから
皇太子より秋篠宮の方が上だって書き込みがあったけど
元々そういう伝統のようだ。

皇太子と浩宮が海にはいる時には海上保安庁の船が警備する。
戦前、昭和天皇の頃は軍艦が警備したと聞いたことがあると伝聞調。

個人的には当時の両殿下と浩宮の百人一首が本気過ぎて笑えたのと
浩宮の1歳の誕生日に忙しい合間を縫って砂場を手作りしてプレゼントした話が泣けた。
祭祀は精神的にも肉体的にも負担が凄そうだった。




戻る

inserted by FC2 system