金吉氏関連メモ090328

・頭不自由な婆がループさせる墓話
・「『村上』の小和田本家」嘘がばれたときの婆の言い訳
・金吉氏の墓は小和田さん一家がお墓参りした移動先の泉性寺(道蔵匡利と一緒)
など


皇室御一行様ヲチスレ part357 478 :頭不自由な婆がループさせる墓話 [sage] :2009/03/28(土) 16:36:31
234 :名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中:2009/03/28(土) 11:41:27 ID:N1cxaIKi0 >>68 たしかに『皇太子妃雅子さま』河原敏明(1993年4月発行) ハードカバーp162には >昭和五十五年に毅夫氏が、この泉性寺にある墓の台座だけを、よりよいものに直している。 と書いてありますね。 この本には毅夫夫妻・小和田夫妻は昭和61年11月に村上市の郷土資料館を訪ね、本家の小和田豊春氏・昭三氏と会っているとある。 (『小和田家の歴史』のほうは昭和62年11月になっている) 豊春さんと昭三さんが恒一家の泊まっている旅館に赴いて、「道助(兵五郎の父親)の子孫です」と名乗ると恒氏も「うちもそうです」と初対面の挨拶を交わした。 成婚当時、「知りません」と答えたという小和田本家は小平市に住む岩夫氏のことじゃないかな。 >ここで小和田家の戸籍系統図をみよう。本家は岩夫氏といい、現在東京都下の小平市に住んでいる。 >岩夫氏の五代前の群蔵から分かれた兵五郎が、雅子さんの直系先祖になる。 >つまり兵五郎-道蔵(匡利)-金吉-毅夫-恒-雅子の流れである。 この時(昭和61年)は村上の西真寺(兵五郎夫妻と道蔵の妻と子の墓がある)には行かずに、新潟市の泉性寺のみに墓参している。 西真寺の住職曰く「毅夫氏が新潟の学校に在勤中、父金吉の墓のみを泉性寺に移した」 しかし、泉性寺の住職の話では「うちにも金吉の墓はない。あるのは匡利の墓のみ」と。 泉性寺は明治13年の大火で類焼しているので資料に乏しいとのこと。 金吉の墓は何処?
480 :名無し草 [sage] :2009/03/28(土) 16:42:08 >>478 すぐに金吉、金吉って言う婆は、検証スレにもいた。 答えに詰まると、婆嘘サイトの検証に話をすり替える婆だった。 483 :頭不自由な婆がループさせる墓話 [sage] :2009/03/28(土) 16:46:33 >>478 >成婚当時、「知りません」と答えたという小和田本家は小平市に住む岩夫氏のことじゃないかな。 「『村上』の小和田本家」嘘がばれたときの婆の言い訳  「知りませんと答えた」→婆スレができてから婆しか語ってない  本当でも数代前の本家-分家だから付き合いがなくてもおかしくない >金吉の墓は何処? 小和田さん一家がお墓参りした移動先の泉性寺(道蔵匡利と一緒)と まともな頭ならわかるんだけど 移動元 西真寺の住職証言 金吉さんの墓を泉性寺に移した 移動先 泉性寺の住職証言 金吉さんの墓はない     実は資料を焼失と先代住職との引き継ぎがちゃんとできていない



戻る

inserted by FC2 system