参考資料のヲチャレポ090104

アンチ皇室ヲチスレ part311

653 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 15:23:29
奥野修司「皇太子誕生」の152ページ目 車を降りた夫人(美智子さんの母)はまっすぐ御静養室に向かった。 美智子妃に付き添い、母親として力づけるためだった。 女官らといっしょに<交代にお腰をさする>と『目崎ノート』にあるから、 早産騒ぎのときと同じように激しい陣痛がじわじわと 美智子妃を襲っていたに違いない。
婆基準だと美智子様は最悪な嫁ってことになるが 759 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 21:21:54 皇太子誕生を最後まで読んだ。 今の天皇が色黒を気にしている話が本当に書いてあった。 美智子様始め、個人のエピソードは割と淡泊に書いてある中で 一ページ使って書いてるから作者的にも驚いたのかも。 51ページの「学習院高等科の夏、だだっ広い部屋で机に向かいながら 窓から入ってきた虫をコンパスで刺していたというエピソードは有名である。」の一文は衝撃だった。 全てが真実ではないんだろうけど新生児を巡る時代と医療機器の変化について名著だった。
765 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 21:26:35 >>759 橋本爺の本も衝撃だったよ 陛下が6時間、侍従を軟禁して「お前は敵だ」とやったってのに 驚いた お若かったんだろうね 770 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 21:35:09 183 名前:名無し草[sage] 投稿日:2008/08/31(日) 15:41:53
敵味方発言by皇太子明仁親王@美智子さまの恋文 東園(基文・侍従職参事)が語を継いだ。次の言葉に、私は凍りつくようなウソ寒さを覚えた。 「私はね、明仁親王に詰問されたの。鈴木菊男東宮大夫が同席する部屋で、夕刻六時ごろから 深夜十二時半まで、指弾は続いた」(略) 「私には弁明しなければならないような問題はなかった。しかし、東宮さまは、東園は高松宮 妃や秩父宮妃と近しい。したがってアチラの側の人間である。東園は私どもの敵である。そう いうロジックで追ってこられた」東園は抗弁に努めたという。 「滅相もありません。私はひたすら東宮さまと美智子さまのためにお仕えしているのであって、 他に二心はありません」そう懸命に述べた。 「橋本君、私の言葉はまったく通じなかった。その後、重田保夫侍従次長が私のところに来て ね、『殿下は東園さんをお嫌いだ』と言ったんだ」 旧奉仕者などの集まりでお二人が東園の前をそっけなく通り過ぎるなど、村井が描写した風 景を裏づける事情を知って、キリスト教事件の底知れぬ傷痕を垣間見た思いであった。
--------------------- 敵方と仲がいい=お前も敵だ 781 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 22:17:13 昭和天皇に灰皿を投げつけたという噂が、学習院を中心に横行していたとも書いている>橋本 変なゴシップを蒸し返さなければいいのに 786 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 22:22:42 橋本爺は天皇陛下の味方してるつもりなのか? 腹に一物持ってるのか、はたまた電波なのか? 迷惑なキャラだろうな、陛下にとって 788 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 22:25:04 >>786 電波に一票 791 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 22:28:57 西尾もそうだけど、陛下の為とか言ってるのって電波が多くて気の毒 795 :名無し草 [sage] :2009/01/04(日) 22:31:54 >>791 西尾さんのは単なるポーズだと思う
撃論ムック H20.07.18号 「私は、ことさら天皇問題に関心の強いほうではありません。日ごろ無関心なのが、むし ろ保守の証しだと言っておきたい」 「個人生活のうえで、私は天皇の存在を必要としていませんし、自分を天皇の臣下だと特 別に意識したこともありません」 WiLL 「今後、天皇制度が無事安泰であることを祈る立場から申し上げる」



戻る

inserted by FC2 system