小和田毅夫氏と静氏の晩年についての婆嘘

事実

1992年 4月 小和田毅夫夫妻 ケアレジデンス水戸新館入館
1993年 1月 皇太子妃内定報道 (取材あり?)
1993年 6月 皇太子・雅子さん結婚
1993年10月 毅夫さん死去 (静さん1人になる)
1997年 9月 静さん死去

ケアレジデンス水戸は婆の考える老人ホームとは全く違う所
全室個室で大部屋なし
平成4年2月1日開設
住民票も置けるマンションと同じ
ヘルパー費用込み
---------------------------------------------------------------------
62室 全室介護用居室
(個室/ワンルームタイプ60室、和室付き2DKタイプ2室)
居室面積:22.11u〜40.92u
現在の入居金1,650万円
月額利用料 225,750円


アンチ皇室ヲチスレ part227 290 :名無し草:2008/01/22(火) 20:12:11
593 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/22(火) 19:54:07 ID:cS0O8x4q0 >>590 生まれてから数回しかあったことない父方祖父が、どっかの老人ホームで 死んだからって、皇后陛下が一大事のときに、実家に帰る女。 これじゃ何をおしえてもらうも、もらわないも、はなから話にならないっしょ。 だいたい、毅夫氏は、次男の恒氏にろくに自分の実の父の話もできなかった男。 孫だって、子どもが5人もいたんなら、10人以上いただろう。いまさら何を 殊勝ぶってたんだろう。腐ってるなw 595 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/22(火) 19:57:30 ID:JxsBWaRE0 >>593 小和田邸でお通夜があったんだよ。 小和田ジジは長男じゃないのに、何故か小和田恒が通夜〜葬式を取り仕切った。
------------------ 10月19日 小和田毅夫氏死去 10月20日 美智子皇后倒れる 告別式は22日午後0時30分から東京都新宿区南元町千日谷会堂 喪主は長男、顕氏 喪中は御所に上がれません 291 :名無し草:2008/01/22(火) 20:23:48
601 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/22(火) 20:12:36 ID:4j9fKJT+0 はいコピペ 子の父、小和田恆は兄妹そろって一流大を卒業し、それぞれ高い社会的地位と収入を得ていた。 しかしその母(雅子の祖母)静さんは晩年老人ホームに入っていた。 成婚が決まったとき、マスコミはいち早く老人ホームに駆けつけた。ホームのスタッフは 「いままで面会もなかったので、身寄りのないおばあちゃんだと思っていた」と驚く。 どう見ても大部屋に居た静さんは、雅子について聞かれ「小さいときにあったきりで、 立派に育った姿をテレビで見てうれしい」と語っていた。 後日雅子一家が訪れたときには、静さんはよい服を着て良い部屋に移っており、 「入院中のおばあさまを見舞うやさしい雅子さん」という映像に演出されていた。 父方祖母であるこの静さんが亡くなったとき、皇太子は弔問に訪れてはいない。 小和田は江頭の婿養子でないにもかかわらず、チッソ祖父母が死んだときは、皇太子は三日続けて 弔問に訪れた
------------- 1997年8月11日 雅子妃、祖母静さんの見舞い 1997年9月2日 小和田静さん死去 1997年9月3日 皇太子夫妻、小和田家を弔問 1997年9月4日 皇太子夫妻、目黒円融寺の告別式に出席 292 :名無し草:2008/01/22(火) 20:25:03 簡単に分かる嘘ばっかりでつまらない 293 :名無し草:2008/01/22(火) 20:35:22
599 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/22(火) 20:06:46 ID:PLAhWTqH0 >>593 生まれてから数回しかあってなくても、いちおう祖父なんだし 皇后陛下がお加減悪くても、冠婚葬祭優先は常識なんじゃない? だから、この場合通夜にいったことは叩かれるべきことじゃないと思うよ。 逆に、皇太后陛下の葬れんを、風邪のようなものでブッチしてことの方が 許せないよ。冠婚葬祭は何より優先だよ。
---------------------------- ttp://hissi.dyndns.ws/read.php/newsplus/20071003/aHJHeWZkRkIw.html aHJHeWZkRkIw_1.html aHJHeWZkRkIw_2.html ttp://hissi.dyndns.ws/read.php/newsplus/20071003/ekhoYTBEQXkw.html ekhoYTBEQXkw_1.html ekhoYTBEQXkw_2.html 31歳ひきこもり 冠婚葬祭と主婦業だけはやってる それがすべての免罪符 294 :名無し草:2008/01/22(火) 20:41:26 小和田毅夫さん・静さん 『諸君!』1993年3月号  天皇家の「生存への選択」  保坂正康  毅夫の妻・静も新潟市の小学校で教師であった。本家筋の紹介で 縁談はまとまったが、毅夫は静がどういう女性なのか知りたくてその 授業風景を確かめようと、小学校にでかけて窓の外から見ていたと いうエピソードも残っている。 304 :名無し草:2008/01/22(火) 21:42:53
603 :可愛い奥様:2008/01/22(火) 20:13:56 ID:JxsBWaRE0 (略) 川嶋家の場合は、紀子さまのお祖母さまが亡くなったとき、辰彦氏は 長男であるにもかかわらず、お姉さんが喪主を務め、密葬で行っている。 秋篠宮妃の祖母の死、という演出をあえて避けられたのでしょう。
------------- >お姉さん =紀子妃祖母と同居し、面倒を見ていたのがお姉さん一家 306 :名無し草:2008/01/22(火) 21:48:29 小和田静さんの喪主が長男の顕氏だって いつ気付くかなあ 307 :名無し草:2008/01/22(火) 22:04:39 >>304 >秋篠宮妃の祖母の死、という演出をあえて避けられたのでしょう。 婆の妄想は妄信的でいつも面白いw 308 :名無し草:2008/01/22(火) 22:19:50 御所の餅つきは神事とか 国民の穢れを天皇が祓うとか 水で潔斎しているとか 狂信的な妄想ばっかりだね そのくせ、喪明けまで御所に上がれないのはすっぽり抜けて なぜ皇后が倒れたのに駆けつけないかと叩く 309 :名無し草:2008/01/22(火) 22:32:22 1993 雅子さん結婚 1993 毅夫さん逝去 1997 静さん逝去 婆のコピペ(>>290-291)を両方合わせると 雅子さんの結婚前、毅夫さん・静さんは二人とも老人ホームに入っていた でも雅子さんは器用なことに、結婚が決まったとき静さんのお見舞いだけした (その後1997、静さんが亡くなる直前もお見舞い) 本スレ612婆 恒例タイミングよく現われた、自称・知人のお祖父さんが静さんと同じ老人ホームにいた 静さんが1人で老人ホームに入居という設定 310 :名無し草:2008/01/22(火) 22:53:34 小和田毅夫氏 1992年4月、妻静とともにケアレジデンス水戸新館入館 1993年10月死去 1997年9月、静死去 ケアレジデンス水戸新館 http://www.kaigosisetu.net/closeup/closeup_bn02.asp 老人ホームと言っても、死去の報の時には「ケアレジデンス水戸新館の自宅」とある 62室 全室介護用居室 (個室/ワンルームタイプ60室、和室付き2DKタイプ2室) 居室面積:22.11u〜40.92u 現在の入居金1,650万円 月額利用料 225,750円 311 :名無し草:2008/01/22(火) 23:05:26 1992年 4月 小和田毅夫夫妻 ケアレジデンス水戸新館入館 1993年 1月 皇太子妃内定報道   (取材あり?) 1993年 6月 皇太子・雅子さん結婚 1993年10月 毅夫さん死去   (静さん1人になる) 1997年 9月 静さん死去 315 :名無し草:2008/01/22(火) 23:13:10 >>312 全室個室 大部屋なし 平成4年2月1日開設 自宅ということは、住民票も置けるマンションと同じ ヘルパー費用込み 318 :名無し草:2008/01/22(火) 23:21:54 >>291のコピペ >ホームのスタッフは >「いままで面会もなかったので、身寄りのないおばあちゃんだと思っていた」と驚く。 >どう見ても大部屋に居た静さん --------- >身寄りのないおばあちゃんだと思っていた 結婚が決まったときは夫婦で入居(閣下じゃないけど「前提が違っている」) スタッフの職種・地位にもよるが、入居者の背景は知っている >どう見ても大部屋に居た静さん ケアレジデンス水戸新館は全室個室 319 :名無し草:2008/01/22(火) 23:24:56 嘘ならもっと上手につかないとねえ 今日は分かりやすい嘘ばっかり 328 :名無し草:2008/01/23(水) 00:14:13 結局>>291のコピペは上の一行以外、全部嘘だったんだ すごいね 332 :名無し草:2008/01/23(水) 00:38:07 >>291 >「入院中のおばあさまを見舞うやさしい雅子さん」という映像に演出されていた。 ---------------------------- 老人ホームに入居していたが  「入 院 中のおばあさま」 333 :名無し草:2008/01/23(水) 05:35:20 どうやってこんなにサラサラと嘘をつけるのかがわからない 334 :名無し草:2008/01/23(水) 06:24:45 >>290 毅夫氏は、次男の恒氏にろくに自分の実の父の話もできなかった男 →金吉氏は毅夫氏が物心つく前に亡くなっている。 >>291 静さんは、雅子について聞かれ「小さいときにあったきりで(略)」 →昭和63年OECD大使として赴任する総帥を見送りにご夫妻で成田に 来て、写真に写されている。 毅夫氏は車椅子、静さんは和服。 夏にはオックスフォードに留学が決まっていた雅子さんと、会って おかないはずはない。
皇室御一行様★アンチ編★part1104 612 :可愛い奥様:2008/01/22(火) 20:24:48 ID:h7K5pM+d0 >>601 知人のお爺さんが当時同じ老人ホームに入居していて 週末になると親戚の誰かがお見舞いに行っていたけれど 雅子様の祖母が同じホームに入居していたと後から聞いて 本当に驚いていたよ。 ホームは比較的高額だからそれ相応の人が入居しているのに 親族が誰も訪問しないお婆さんだから、訳ありのお妾さんだと思っていたそうで。



戻る

inserted by FC2 system