メモ:正田英三郎氏のインタビュー
「正月や両陛下のお誕生日に宮中にお招きを受けるようになった」
「大使主催のパーティーなどによく呼ばれる」

アンチ皇室ヲチスレ part228

98 :名無し草:2008/01/26(土) 14:05:05
    正田英三郎氏のインタビュー(週刊新潮 昭和57年9月2日)

    「美智子が嫁いで、二十三年ですか。もうそんなになりますかねえ。
    あれ以来、正田家がどう変わったか。変わったところがないといえば
    嘘でしょうね。現象的に変わったのは、いうまでもなく、正月や両陛
    下(昭和天皇・香淳皇后)のお誕生日に宮中にお招きを受けるように
    なったこと。それと、外国の大使館とのお付き合いね。大使主催の
    パーティーなどによく呼ばれるんですよ。お返しというのではないが、
    こちらも逆にお呼びしたり…」 

217 :名無し草:2008/01/27(日) 01:10:41
自称皇太子妃・小和田雅子(笑) 776 :可愛い奥様:2008/01/25(金) 01:02:18 ID:vG+Qgo2f0 週刊文春1月31日号より ベテラン皇室ジャーナリストの解説として 「陛下が皇太子のころ、正田夫妻が東宮御所へ食事に招かれたことは 一度もなかった。 美智子様は正田家と距離を保ち、実家側も遠慮していた。 たとえば大相撲観戦の場でも、桟敷席に来ていたお父様が 貴賓席の美智子様の姿を遠くから見る、そういった距離感だった。 そこには常に『嫁に出した以上は』という正田家の覚悟があった。 今の両殿下の場合、オランダ御静養の際に小和田夫妻に愛子様を預け、 美術館に出かけるということまでなさる。 昨年のクリスマスイブも池田さんのご自宅で食事をされましたが、 根本にはやはり正田家と小和田家の家風の違いがあるのでしょう」
-------------- > 「陛下が皇太子のころ、正田夫妻が東宮御所へ食事に招かれたことは 一度もなかった。 >>98の正田英三郎氏談 >現象的に変わったのは、いうまでもなく、正月や両陛下(昭和天皇・香淳皇后) >のお誕生日に宮中にお招きを受けるようになったこと。 218 :名無し草:2008/01/27(日) 01:38:15 >>217  よく見ると文春は芸が細かいw 「東宮御所」になっている
余談 231 :名無し草:2008/01/27(日) 08:35:34
188 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 00:14:39 ID:0kPI/F++0 正田家と川嶋家に非があったとすれば、 それは、娘を入内させる民間人として完璧でありすぎたことかもしれない。 両家の在り方を見て、民間から内廷皇族の妃にあがることは何も問題ないと、 国民はもちろん、宮内庁をはじめ、皇族まで思いこんでしまったのではないか。 けれど、OWDのような家も当然あるのだという状況を いま見せつけられている。
------------------------- 正田家礼賛もおかしな話。 その状況を耐えていたに過ぎない。 富美子さん75歳時談 「とにかく、あらかじめ話し合っていたことでも約束が違いすぎました。 こんなことで苦しむのはもうたくさんです。 いまの私のいちばんの願いは、そっとしておいてほしいということか しら…。おばあちゃんは静かに死んでいけばいいんですよ」



戻る

inserted by FC2 system