「月あかくさす」への婆いちゃもん

アンチ皇室ヲチスレ part226

20 :名無し草:2008/01/14(月) 14:26:44
    なぜか突然去年の歌の話・・・
    子供と外に出たら月が庭を明るく照らしていたって歌なんだが。
    何だよ、かがやけりって。
    意味が違ってきちゃうし、表現が陳腐だし、字余りだし

26 :名無し草:2008/01/14(月) 15:38:23
    「月あかくさす」叩きも、本当に婆はバカだなあと思う部分

    
源氏物語・橋姫 「雲隠れたりつる月のにはかにいとあかくさし出でたれば」 源氏物語・蓬生 「月あかくさし出たるに」 とはずがたり 「なべて青みわたる梢のなかに、遅き桜の、ことさらけぢめ見えて白く残りたるに、  月いとあかくさし出(い)でたる」
33 :名無し草:2008/01/14(月) 17:03:34 まあね。「女系はだめ!男系死守!」って、同じ話題をぐるぐるしてる。 皇太子一家がその仮想敵?になってるらしいけど、 彼らを叩いたからどうなるってわけでもあるまいに。 話がループするばかりで発展もしなけりゃ生産的でもないんだよね。 ところで、本スレ564も良く分からんw なぜにこんな解釈がw?
564 :可愛い奥様:2008/01/14(月) 14:33:36 ID:HRV/H+R10 >>554 無自覚に、本能的にというところで雅子さんの潜在意識が出るんだよね。 月かがやけり=陽性の感受性で、明るさ、希望が感じられる表現 月あかく(明るくの意らしいが)さす=孤独で内向的な感受性が伺えて、暗さ、救われなさ と共に自分の人生から乖離している感じをうける。 この人は前向きに物事を考えられるタイプの人ではないんだろうね。 良い意味での積極性、自発性がなく、置かれた環境に文句を言ったり、自分の思うように ならないと自分で自分を他者から遠ざけ、また解決からも遠ざけてしまう人だと思う。 高校生の頃、合宿でモメて自分だけ帰っちゃったというエピがとてもよく理解できるよ。 35 :名無し草:2008/01/14(月) 17:26:22 643 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/14(月) 17:01:57 ID:uPztlDt10 月明かりしじまの庭に幼子とともに出でけりえみかわしつつ 「つきが見たい」と愛子ちゃんが「言った」っていうのが眼目なら、 幼子に月を見たいとせがまれて夜更けの庭にい出にけるかも これもいいねw自画自賛
-------------------- ははは 37 :名無し草:2008/01/14(月) 17:32:52 >>35 これじゃ月を見たいって事だけで、見た月については表現されてないし、 子供と庭に出たら月が明るく照っていたと言う情景変化もない。駄目。 38 :名無し草:2008/01/14(月) 17:36:23
656 :可愛い奥様:2008/01/14(月) 17:30:53 ID:x5xjHaO/0 >>651 皇太子がスキー場の風景詠んでいて「山」を表し、 それに雅子の月二つで「崩御」の「崩」になるとか言われてなかった? 唐突な小松菜のニュースも「子持つな」の意味だとかも言われてたし、 そういう非合理的なことしそうにないのに、色々やってるよね、この人たち。
_________________________________________ 心底あきれました そんな言いがかりをつけているのは、世界中で婆だけです 39 :名無し草:2008/01/14(月) 17:42:03 まあここまでこじつけられる婆の妄想力?にはある種感心し、 笑わせてもらえるが 40 :名無し草:2008/01/14(月) 17:45:07 感謝、感謝ばかりの誕生日感想文だと叩いていたのは、何だったんだ 41 :名無し草:2008/01/14(月) 17:45:52
638 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/14(月) 16:47:48 ID:4PQkRoBl0 > 月見たしといふ幼な子の手をとりて出でたる庭に月あかくさす 月が2度出てくるのはアリなのでしょうか。 640 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/14(月) 16:53:17 ID:IIIF3ZJ+0 修辞技法としての特別な意図がない限り、ありえません
--------------------------- 修飾だと思ったけどねえ
百人一首 今こむといひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな(素性法師) 派生歌 長月のありあけの月のあけがたをたれまつ人のながめわぶらむ(藤原良経) 長月の有明の月をみてもまづ今こむまでの秋をこそまて(藤原為家) 詠み人知らず 月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月
42 :名無し草:2008/01/14(月) 17:48:42 ほう。結構あるんだね 43 :名無し草:2008/01/14(月) 17:52:21 つか、和歌にやたら詳しいねw どうやってググッてるの? 44 :名無し草:2008/01/14(月) 18:02:05
667 :可愛い奥様:2008/01/14(月) 17:49:04 ID:oujFLTre0 >>666 普通に知恵は働かないけど、悪知恵だったらどうだろね? 半信半疑とはいえ、あの二人ならやりかねないとも思ってしまう・・・。
_____________________________ まあ思うのは勝手だが、うっかり他人に言ったりしないようにな 自分の人格を疑われるだけだから (婆が人様に尊敬されてるとも思えないが) 45 :名無し草:2008/01/14(月) 18:02:05 子どもの頃、百人一首やってなかった? 家でやってたよ 46 :名無し草:2008/01/14(月) 18:03:23 友達の家で坊主とりしかやってないやw 小学校か中学校で百人一首やらされたけど、すっかり忘れてしまった 47 :名無し草:2008/01/14(月) 18:12:18 貴族社会ではどれだけの歌を覚えて、それを応用できるかが嗜みだった だけど、そういう暗記力のある人は婆的には池沼なんだろう 51 :名無し草:2008/01/14(月) 18:49:29
683 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/01/14(月) 18:41:01 ID:x5xjHaO/0 「月赤くさす」ってのもその直後の皇后陛下の腸内出血との関連が 言われてたよね(ここじゃなくてオカ板だったかも)。 悠仁さまのお名前も呪術を避けるために良く考えられた名前だって、 半信半疑だったけど(ていうか「まさかそこまでは・・・」って思ってたけど) あながち妄想でもないかもしれない。
----------------- 妄想ですううう 64 :名無し草:2008/01/14(月) 22:22:30 歌の話題が出てるんでついでに 「月あかくさす」の「さす」は「刺す」に通じる、和歌には使わないと あちこちで布教して回っているようだけど -------------------------
◇昭和34年歌会始お題「窓」 皇太子殿下お歌  冬日さす木斛の葉は白く光(て)り風にゆらぎて窓にうつれり ◇昭和38年歌会始お題「草原」 選者 松村英一  ミヤマアカネむらがり出でぬゆふ日さす蓼科山のふもとくさはら ◇昭和57年歌会始お題「橋」 正仁親王殿下お歌  冬日さす御苑(みその)の橋を渡り行くわが足音にをしどりのとぶ ◇昭和63年歌会始お題「車」 宜仁親王殿下お歌  朝日さす雪蹴散らして雪上車手稻の山の林縫ひゆく その他、歌会始一般入選者の歌二首に「さす」
65 :名無し草:2008/01/14(月) 22:49:15 さしまくり



戻る

inserted by FC2 system