雑誌と婆-080511

・文藝春秋のヲチャ簡易レポ
・アエラ5/19号婆レポ


アンチ皇室ヲチスレ part254 文藝春秋のヲチャ簡易レポ 438 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 16:31:04
464 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/05/11(日) 15:32:48 ID:oDmBhqrn0 ツグビッチでも留学してるよ。 しっかし嵐はよほどこの記事が気に入らないらしいわね。 >「根っからの学者」秋篠宮殿下 >誌名 : 文藝春秋 [ 2008年06月01日号] >ページ : 80 >発売日 : 2008年05月10日 >カテゴリ : 社会 >キーワード : 西野嘉章・東京大学総合研究博物館教授/山階鳥類研究所 >キーワード2 : 鳥類学 、 昭和天皇 、 図録「鳥学大全」 >記事の扱い : 1頁前後の記事
-------------------------------- そういえば同じ号のこっちのレポはなかったような ↓ 昭和天皇/皇嗣なき天皇—内親王誕生に側室をすすめる元宮内大臣 福田和也・慶應大学教授/田中義一、田中光顕、浜口雄幸/ 文藝春秋(2008/06/01)/頁:392 441 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 17:18:16
ちらっと立ち読みしたら、三人目の内親王が生まれた時 (NHKだったかな、ウロ)間違って「男子誕生」と放送した それで、当時気まずいことになったらしい 一般的な道徳は皇室には必要ない、側室を迎えるなり なんなりして皇嗣誕生を努力しない天皇は、天皇の資格 がないとか叩かれたらしい>昭和天皇
448 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 18:23:37 >>441 >一般的な道徳は皇室には必要ない、側室を迎えるなり >なんなりして皇嗣誕生を努力しない天皇は、天皇の資格 >がないとか叩かれたらしい>昭和天皇 今の東宮と同じだね 453 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 19:01:06 >>441 あの時代ってそれこそNHKしか放送局ってなかったのでは?
アエラ5/19号婆レポ 482 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 21:54:42
794 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/05/11(日) 21:32:10 ID:QFQqjzeaO 既出スマソ。 アエラ5/19号、岩井克巳氏署名記事「彬子さま『博士』に挑戦中」 美術史を専攻する彬子さまは、オックスフォード大学留学中だが、今年1月から4月中旬までの約3ヶ月間は、 米国カリフォルニア州郊外にある「クラーク日本美術・文化研究センター」に住み込んだ。 交通の便の悪い所。 宮家の女王の場合、外国滞在中は原則として護衛官はつかない。 調査を終えた4月13日には同センターで英語で講演し、地元新聞でも報道された。 続く 802 名前:794[sage] 投稿日:2008/05/11(日) 21:48:22 ID:QFQqjzeaO アエラ続き 日本ではこのほど、御茶ノ水女子大学の紀要「比較日本学研究センター研究年報第4号」に論文が掲載された。 大英博物館に通って調べた日本絵画コレクションの概要とその歴史の紹介だ。 今は留学先のオックスフォード大学マートン・カレッジで博士論文の執筆中。 彬子さまが博士号を取得すれば、皇族では2人目、女性皇族では初の「博士」皇族が誕生する。
--------------- 可燃性低し 483 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 21:55:33 案の定、雅子さんに絡めて叩きに使い、 すごいねと言っておしまいだよ 484 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 21:57:38 紀宮は博士号とってなかったのか 485 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 22:00:31 ttp://www.kunaicho.go.jp/02/d02-08.html 紀宮は、大学院にも行ってないし、留学もしてないんだね 意外な感じ 486 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 22:02:56 >>484 こういってはなんだけどその代わり海外旅行には出してる いわゆるお立ち寄りもその類 490 :名無し草 [↓] :2008/05/11(日) 22:44:28 ようやく前号AERAのレポ どこをレポしてどこを削るか楽しみ
皇室御一行様★アンチ編★part1218 http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1210420756/ 849 :可愛い奥様 [↓] :2008/05/11(日) 22:35:07 ID:QFQqjzeaO >>816 少し抜き書きしますね。 —————————— その体力、精神力のタフさ以上に驚かされたのは、彼女が身につけた圧倒的なプレゼンス力だった。 皇后から手を振られた群集は、おそらく誰もが自分ひとりに向かって手を振ってくれたと思ったはずである。 不特定多数の群集を相手にしながら、ひとりひとりに語りかけるようにふるまう。 その誰にも真似のできない見事な身体性は、おびただしい視線にさらされてきた彼女の 長く苦しい修練期間を物語っているようだった。 続く 876 :849 [↓] :2008/05/11(日) 22:48:37 ID:QFQqjzeaO 続き まわりの雰囲気を一瞬にしてすべて味方にしてしまう能力は、皇后たる者に欠くベからざる資質といえる。 皇后は記者会見の度、「心を寄せる」という言葉を繰り返し述べてきた。その言葉を実践する姿を ここで目撃する思いがした。時代や風景と交感する抜群の”通気性”をもった女性だな。 これが皇后に対する私の第一印象だった。 続く 918 :876 [↓] :2008/05/11(日) 23:18:30 ID:QFQqjzeaO 続き 天皇制に詳しい原武史(明治学院大学教授)によれば、近代の天皇のなかで、 現天皇夫妻ほど宮中祭祀に熱心な天皇、皇后はいないという。 『橋をかける』の出版を通して皇后と頻繁に会う機会をもったすえもりブックス代表の 末盛千枝子の話もこれを裏付けている。 その年に収穫された五穀を天皇が神に捧げて豊饒を感謝する新嘗祭には全国から米と酒が寄進される。 美智子皇后は天皇だけの祭祀が終わるまでその米と酒の銘柄をきれいな短冊に すべて書き写しているという。 「ご自身は参加できずとも、そういう形で陛下を精神的にサポートされているんですね。 いつも国民に寄り添いたいと祈る姿勢は本当にすごいなと思います。 地震などで被災地にお見舞いに行くと、あとでご自分の身体のあちこちに痛みを覚えたりなさるようです。 それは精神的なものからくる痛みかもすれません」 皇后の巫女性と生真面目さゆえの癇の強さを感じさせるエピソードである。 続く —————————— 筆者の言葉の選び方に好意的でないものを感じます。 939 :918 [↓] :2008/05/11(日) 23:55:15 ID:QFQqjzeaO 続き 宮内庁幹部によれば、天皇制は内閣支持率とは違い、国民の80%以上が支持しなければ、 たちまち崩壊の危機に瀕するという。 平成20年を迎えたいま、「あちこち適応障害」の雅子妃を抱えた天皇家は、美智子皇后にとっては第三の危機、 天皇家にとっては天皇制廃止が叫ばれた敗戦直後の状況以上の危機に見舞われている。 私が危機というのは、必ずしも雅子妃の病気を意味しない。 30年という長い”オン・ザ・ジョブ・トレーニング”期間を経て、 平成の御世に后妃となった美智子皇后はガンに冒された天皇を全身全霊で支えるあまり、 次代の天皇、皇后を育む風土まで蚕食してしまったのではないか。 私の危機感は、そこから来ている。そして聡明な皇后はおそらくそれを誰よりも 深く知り抜いている。それが、天皇制の行く末をさらに暗鬱な色に染めている。 天皇家はこの危機を乗り越えて、国民合意の新たな「物語」をつくりだすことができるのか。 それは、ここまで天皇制を支えてきた美智子皇后だけでなく、その皇后にもっぱら国民の「物語」を紡がせ、 国家の行く末について見て見ぬふりをしてきたこの20年の日本人全員に付きつけられた重い宿題である。 —————————— 皇后陛下のエピソードがいろいろ載っているのですが書き切れず申し訳ありません。



戻る

inserted by FC2 system