婆嘘だらけの着物ネタ080824

礼装のときの帯どめ

付けてはダメ:茶の心得も無ければ着物も着られない耳年増婆達

付けてOK:
 香淳皇后や皇太子妃(美智子様)の(婚礼時の写真)
 常陸宮妃華子様ほか各宮妃達の礼装時
 加賀百万石の前田家出身の酒井美意子氏『和服の常識』など


アンチ皇室ヲチスレ part27 526 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 00:23:58 久々にみた気がするw>着物ネタ 話題がないときの着物ネタ頼み 531 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 07:12:05 >>526 ほんとだ 久々に見たよ --------------------
166 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 00:27:50 ID:WxZB/Cj50 華子様も納采の儀で帯留めをされていたそうです 眞子オタに以前出ていました 173 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 00:42:40 ID:vq0EN+Ya0 >>166 華子様が帯留めをしていたのは、納采の儀ではなく 何かの公務で、着物を着て出席していた時だったはず 帯留めが下品なのではなく、和服の第一礼装である振り袖で帯留めはおかしい しかもここで第一礼装をしなければ、どこでするんだという席だ→納采の儀 帯留めが正装に用いられないのは、たしか発祥が芸者さんだったからではなかたったっけ? 174 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 00:45:43 ID:A1Ge5+Ue0 >>173 >帯留めが正装に用いられないのは、たしか発祥が芸者さんだったからではなかたったっけ? そうです、(惚れた男の)刀の鍔を帯の飾りに使ったのが発端
------------------- 古典婆かw 532 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 07:14:15 続き
205 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 02:30:33 ID:2zO9Avlm0 正礼装には帯留めはしてはいけないという決まり事はないはずです。 だだし、5大宝石の立派なお品に限るそうです。 218 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 03:17:34 ID:+vNfi7Ry0 一般の結納時でも帯留めはマナー違反ですよ。 由来からして品格が無いし、刀の鍔が始まりなのでそこから縁を切るとか、 結んだ帯締めを遮るような形からもやはり縁切りを連想されると言われてます。 基本的に帯留めは遊びのみ。 婚礼・葬儀・式典といった正式な場面での使用は厳禁です。
-------------------- 香淳皇后や皇太子妃美智子様も婚礼写真でつけてますが何か 533 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 09:32:19
262 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 09:28:04 ID:7bm6DzOG0 一人語り失礼。 帯留めの件。嵐は一生懸命、徹夜で探してきたのね。 それみたか! と、意気揚々と乗り込んで。。。。 でも、またもや・・・みごとに撃沈。朝から笑わせてもらったわ。 で、当時の写真をもう一度、紀子様、雅子を拝見。 帯留めだけじゃなく、三方の受け取り方も・・・。 嵐さん・・・雅子は帯留めだけじゃなく、立ち振る舞い、すべてに落第。 でも、そのお陰で紀子様の素晴らしさを再確認できたわ。ほんとうに凄い。 紀子様子こそ次期皇后だと確信しましたね。
--------------------- 何を見、何を読んだのだろう・・・ 534 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 11:02:52 紀子様子って誰?ww 立ち振る舞いを婆には言われたくないだろうね。 それと当時の写真を出すと、またアンチ紀子婆に突っ込まれるんじゃないか? 535 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 11:19:46 皇太子妃の振る舞いに物申したデビ夫人の今度のアクセサリーは、 42才年下の男って書かれていた 品格なんて口にしてほしくはない気が・・・ 536 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 11:30:45
160 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 00:19:34 ID:lIWvSiWMO >>157 丸紐でもなく、お洒落着に締めるような細い帯締めだったよね。
------------- あれが三分紐に見えると。 どう頑張っても、高麗組あたりの、正装に用いる、四分はある帯締めにしか見えないが。 で、丸紐って、何? 丸組か丸ぐけのこと? 丸組にも丸ぐけにも、帯留って、無理なんですけれど。 ちなみに、この華子さまの帯締めこそ、幅三分。 ttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20080323110038.jpg <注:納采の儀を終えた義宮と華子様の画像> 537 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 11:46:09 へえ、これか サンクス 皇室の着物は、民間とプロトコルが違うのかなあ 公式の場で帯留めがデフォなのかも 538 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 12:18:38 難しいことはわからぬが、ハナちゃまがチャーミングでおかわいらしいことはわかる 姫君だなあ、結構結構 539 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 13:11:08 >>537 例えば花柳界では、正真正銘の第一礼装・黒紋付には、帯留はしないよね。 普段、メチャメチャ大きい帯留つけてる舞妓ちゃんでもさ。 でも、宮中で、明治になって定められた、女性華族の第一礼服は、桂袴。 紋付きの留袖という、庶民でも着るような、所謂和服は、大正になってから、可になった、という扱い。 そもそも和服の扱いが、一般庶民とは異なる宮中に、庶民感覚を持ち込んでもどうかと思う。 だいたい、帯留の形そのものが江戸後期のものとは違う。 元々の帯留は、丸ぐけにも通るようなものだったが、今の帯留じゃ無理。 ところで。 -------------
175 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 00:46:27 ID:wbDXdTII0 帯留って、元々は身を売る稼業だった飯盛り女と呼ばれた人たちが 贔屓客を繋ぎとめておくために、護身用に庶民でも持つことが許されていた 贔屓客の脇差の鍔を帯の飾りのようにしたのが始まりだそうですね。 参勤交代で江戸に上がる武士階級では、卑賤な風習と嫌われたので 武家系統の礼法本では帯留は否定されていることが多い。 OWDとE頭は士族の家柄だと擁護はいってますね。 逆に身分が高すぎて、卑賎などをご存じない華族階級の子女が明治になって 西洋のブローチ感覚で帯留を付けたのが流行になったといった事情があるようです。
-------------- 間違いなく武家中の武家・加賀百万石の前田家出身、酒井美意子氏は、こう述べている。 「礼装のときの帯どめは、ミセスは五大宝石のいずれかを、ミスは年齢相応のものにする」 (『和服の常識』127頁) 婆理論によると、武家でも華族階級は、帯留が礼装にはNGだということを知らなくても仕方が無いらしい。 酒井さんは、マナー本では相当鳴らした人だぞ。 541 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 13:34:09 >>539 そういえば愛子さんの着袴の儀の後の参内は、着物ではなく 袿袴道中着姿の童形だったっけ 542 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 13:54:07 十年ひとむかしじゃないのか。 十五年も前のことを何かというとほじくり返される雅子妃、 気の毒というしか無い。 560 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 20:43:42
530 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 20:22:18 ID:EK/Xn3uG0 >>514 514は、明治に由来を知らない上流階級の令嬢がパーティーなどの席で 付けるのを流行らせた名残にこじつけて、パーティどころじゃない 第一礼装をしなければいけない晴れの時に陰の状況から発祥した帯留めを 無理やり用いてもよいと主張したいようですね。 五大宝石が用いられた帯留めであっても、由来を知っている日本人の感覚には 帯留めが受け入れられる余地はありませんよ。 確かに、ある意味世間知らず階級だった津軽家では装用されてましたが 皇后さま以前仰った庶民の出である、正田家や川島家は装用されずに 正統的な着付けをされてますからね。 由来からいって、国民の統合の次期象徴の婚約者が身に付けるのは どうかなとも思えますしね。
------------------------ 侍従長や女官長を出した血筋は、平民よりも宮中の決まりごとに疎いらしい 561 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 20:52:57
520 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 19:54:29 ID:Di+0z78TO 小和田家に皇后陛下からいただいた帯以上の帯留があるわけないじゃん。 普通は帯に傷つけたくないから飾りなんてつけたりしないでしょ。 着物の時に結婚指輪以外の宝石や時計しないのは着物や帯を傷つけないようにするため。 第一礼装や正装云々ではなく、着物や帯の扱い方知らないだけじゃないw
----------- 茶席での装身具の扱いと、 通常の着物での装身具の扱いをごっちゃにしている、 茶の心得も無ければ、着物も着られない、耳年増婆 香淳皇后や美智子様、華子様の帯留姿をなんと心得る? この婆も同類 -----------
524 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 20:11:08 ID:WQ2o/fAb0 着物やら喪服(洋装でも)に宝石つけたがるのは ほんとに成金趣味で下品なことに気付かない、 むしろ誇らしくしているの?この小和田家の人たちとその周りに群がる人たち ほんとうに不敬というか、情けないというか・・・
562 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 20:54:43
531 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 20:23:35 ID:Di+0z78TO 帯留が大正時代にあっても、現代の正装、ましてや晴れの日、しかも陛下の使者の前に出る日に付ける? あのあと御所にあがってご挨拶してるよね。 WIKIですら正装ではつけないになってるのにw 擁護してむなしくない?
----------- Wikiなんて、誰にでも編集できるのに? 563 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:00:01
540 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 20:52:03 ID:3wHVt3f80 >>537 あきらかに別物ですね 下の方は普通のお出掛け用って感じ
------------- どこから見ても絵羽柄の振り袖が、普通のお出かけ用と 565 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:05:34
547 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 21:02:08 ID:llintf+X0 帯止めってどうしても成金のイメージ。 でっかい宝石つけて、「金持ってんどー」って感じ。 そうじゃなけりゃ粋な水商売のおばさまのイメージかな。
------------ 華子様の帯留着用のでっかい写真見ながら、よく言うよな~ 雅子さんが叩ければ、どうとでも言うってだけか 566 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:07:46 華子さまに失礼すぎだねえ 香淳皇后も美智子さまのやってるのに成金って、なにそれ? 567 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:15:46 二晩続きで着物ループってのは珍しい 本当にネタがないんだね 568 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:27:32 五つ紋付きに帯留の梨本宮規子さま ttp://miyake.yaekumo.com/Nashimoto.html 569 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:36:39 ttp://tnpt.net/uploader/src/up23294.jpg おふたりとも帯留めかな 香淳皇后は訪米の際には、菊の帯に真珠の帯留め 別の場所ではエメラルドの帯留めだった 570 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:40:27 >>569 この写真で見るとよくわかるね。 間違いなく帯留だ。 縮小版がマコオタにあったね。キャプションは、 「1959年4月12日 皇太子さまのご結婚を祝福されるご一家、 義宮(常陸宮)さまと清宮さま(島津貴子さん)も」 ttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070523223320.jpg 571 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:43:32 >>570 香淳皇后の帯締めの斜め感はあれでいいのか知らんけど、 雅子妃じゃなくて良かったとか思っちまうのが悲しいの 572 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 21:51:05 >>571 斜めの帯締めは粋とか言うが、 >>568の写真も、斜めの帯締姿だ。 雅子妃がこの斜め帯締やってたら、 そりゃ、婆から袋叩きだて。 573 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 22:03:18
576 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 22:01:50 ID:ckjULj7+0 どうしても、M子さんの納采の儀のときの帯留めを正当化したい 嵐がくるんですよねえ~。 江戸時代、宿場女郎と呼ばれた女達が馴染みの客の護身用の脇差の鍔を 帯に付けるようになったのを、芸者衆も真似をして庶民でも今でいう DQNな娘達もとなっていったそうですが、堅い家や武家などからは 嫌悪された悪習でもあったのです。 そういえば、M子さんのお祖母さまは芸者の子疑惑がありましたっけ?
----------------------- ttp://tnpt.net/uploader/src/up23296.jpg 婆的には、全員宿場女郎なのか… 注:宮妃達の和服姿画像、全員帯留め有り 574 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 22:04:45
554 :可愛い奥様 :2008/08/24(日) 21:14:23 ID:sUv32LS30 昨日、華子さまのお写真をここで見たけど、華子さまのお着物姿は パーティーかなにかじゃない? 帯揚げを大きく出した華やかな着付けだし、バッグも装飾的。 礼装なら帯揚げは膨らみのない布地のものを選ぶし、色味が分かる 程度に帯にしまうよ。 そして立派な組み上げの太目の紐を結ぶ。結ぶということは婚姻関係 では非常に重要。帯締めの結び目は要と言ってもいいくらい。 細い紐で帯どめを通すのは、お洒落着だよ。重要な局面にはありえない。
----------- 振り袖の着付けと当時の帯揚げの流行がまるでわかっていない それとお祝いの写真に細い帯締めと帯留されてる香淳皇后の立場は(ry 575 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 22:12:33 ほんと、もう滅茶苦茶だよ 香淳皇后、美智子皇后をはじめ皇族女性を宿場女郎・DQN扱いだから 576 :名無し草 [sage] :2008/08/24(日) 22:24:03
576 :可愛い奥様:2008/08/24(日) 22:01:50 ID:ckjULj7+0 どうしても、M子さんの納采の儀のときの帯留めを正当化したい 嵐がくるんですよねえ~。 江戸時代、宿場女郎と呼ばれた女達が馴染みの客の護身用の脇差の鍔を 帯に付けるようになったのを、芸者衆も真似をして庶民でも今でいう DQNな娘達もとなっていったそうですが、堅い家や武家などからは 嫌悪された悪習でもあったのです。 そういえば、M子さんのお祖母さまは芸者の子疑惑がありましたっけ?
----------- 帯留の普及には、明治の廃刀令が果たした役割が大きいことを忘れている。 即ち、用いられなくなった刀の提げ緒が、丸ぐけ紐に変わって帯締に使われるようになり、 用いられなくなった刀の鍔が帯留に使われるようになったことが、 帯留普及にとてつもなく大きな役割を果たした。 提げ緒を作っていた組紐職人がそのまま帯締職人、 刀を作っていた職人がそのまま帯留職人になった。 組紐の帯締めも、それにつける帯留も、武家の文化をぬきにしては語れない。



戻る

inserted by FC2 system