西尾氏発言録@朝生080831

アンチ皇室ヲチスレ part27

181 :名無し草 [sage] :2008/08/31(日) 15:25:36
hissiの反映は時間はかかるんで、とりあえずまとめ
西尾氏発言録@朝生

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/35 2008/08/31 14:15:11 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/40 2008/08/31 14:17:48 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/42 2008/08/31 14:18:59 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/45 2008/08/31 14:20:51 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/49 2008/08/31 14:22:20 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/50 2008/08/31 14:23:22 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/51 2008/08/31 14:24:24 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/52 2008/08/31 14:25:12 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/63 2008/08/31 14:33:40 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/67 2008/08/31 14:35:29 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/69 2008/08/31 14:37:27 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/73 2008/08/31 14:39:26 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/74 2008/08/31 14:41:25 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/78 2008/08/31 14:43:24 ID:7yhAgh1P0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/81 2008/08/31 14:45:23 ID:7yhAgh1P0

皇室御一行様★アンチ編★part1308 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1220154919/ 35 :朝生西尾氏語録1 [sage] :2008/08/31(日) 14:15:11 ID:7yhAgh1P0 ・あの~象徴という言葉がさっきから出ていますけれども あの~不適切な言葉だとずっと思っております。 で、元首であるべきだと思っております。 それは憲法が間違えているという事ですね。 一体何処の外国の使節団や外国の元首の人が天皇を 訪ねて来る時に象徴に会いに来ているんですか? 日本の元首に会いに来ているんじゃないんですか? 象徴に会いに来るなんていう言葉はあの~外国の 国際外交においても有り得ない言葉です。滑稽ですね、 ある意味でね。 ・まあ~憲法を始めとしてですね、私達は戦争に敗れて 60年経ってまだある意味で占領されている状態が続いていると 言えない事もない。そういう微妙な状況にあります。 で、そのような事で皇室が置かれているある種の不自然な位置、 あるいは歪んだ立場、というものが諸にある種の占領政策の ま、時限爆弾が今60年後に爆発していると、私はそういう風に見ている訳です。 それは具体的にどういう事かと、天皇が国民と同じ所まで垣根を取り払って それを皇室の民主化と呼んだ事です。で、それで話をその皇太子様へのご忠言と 言うのは私のメインポイントで皆雅子様問題という風にお考えになるかもしれませんけど 私は皇太子様の問題であるという風に強く認識しておりますので、それをちょっと 誤解のないようにして頂きたいんですが、あの~ご成婚前に 40 :朝生西尾氏語録2 [sage] :2008/08/31(日) 14:17:48 ID:7yhAgh1P0 「一生掛けて僕が全力で雅子さんをお守りします」というお言葉が殿下からございましたね。 で~これはあのお守りするという言葉がね、これはその普通に大切にしていくっていう 位の意味にとっても良いのですけどよく考えるとおかしいので、何から護るんですか?と、 殿下は雅子さんを何から護るですか?国民から護るんですか?あるいは宮中のしきたりや伝統 から護るんですか?そんな事あっていいんですか?という疑問がまず浮かぶわけです。 つまり殿下はですね、ご自身が疑問なく最初から高い位置にあるっていう事を 教育されていないんですよ。きっと。つまり国民と同じように敵とか味方を意識する位置に、 ポジションにおありになるんじゃないかと、でなければ護るって言う言葉は使われる筈はない・・・ いや、帝王教育を変えているという事ですね。昭和天皇の帝王教育を10とすると 今上陛下は5だとある人が言ってましたが、皇太子殿下の帝王教育は1もないと皇室関係の方から 聞いている話です・・・・ 親というよりも制度ですね。戦後の皇室制度、戦後の皇室制度全体、それを取り囲む環境、 日本国民も含む、だから先ほどから言っているように戦争で敗れてから以降、奪われた皇族・皇室 というものの例えば皇室財産の大半は没収されていて特別な教育をするにもその財がない。 あるいは又、旧皇族をなくしてしまって天皇御一家が孤立してしまっている。 あるいは又、天皇が人間である事は初めから分かりきっているのにわざとらしくマッカーサーの 指令で人間宣言をさせられた、等等いろんな事があってこういう状態になっている。 42 :朝生西尾氏語録3 [sage] :2008/08/31(日) 14:18:59 ID:7yhAgh1P0 つまり僕に言わせると、天皇が国民と同じ所まで垣根を取り払うという事が不自然であるという事は 一番はっきり分かりやすく言うと、私は皇太子殿下がマイホームパパを演じて、芝生の上で ピョンピョンとうさぎ跳びをする場面、そしてV字こうやってやる写真、ビデオで出ますが、 あ、見ちゃいけないものを見たという思いがします。つまり、一般人に近付くのが 皇室の方の理想ならそれなら皇室は無くなるんですよ。つまりあの普通の日本人と同じ、 その中に埋没してしまいますから。皇室は別個のものではなくてはならないし、別の。ものなんですね。 で、そういう意味から言いますと、天皇というのは本来人格と何の関係もないし、天皇には人権も ないし、当然天皇には普通の市民社会で生きている意味とか人権とかそういうもんではない。 天皇はどんな人格であろうと何をなさろうと関係ないとある意味ではいえる。つまり天皇というのは 血統が根拠ですから一般市民社会の道徳とか人格とかから開放されていなくちゃいけないんですね。 そういうものだと古代から伝わってきているんです。ところが、天皇家つまり皇室側から人格否定と いうその人格という言葉が投げられたんですよ。あの、皇太子殿下から、人格と言う言葉。 これはね、ある意味でこれを境にして国民と天皇家の関係は大きな危機に直面したんです。 言っちゃいけない言葉だったんです。人格という言葉は、皇室からは。人格は関係ない御存在です から。そしたらじゃあ人格を問題にするんですか?道徳を問題にするんですか?って話になってくる。 45 :朝生西尾氏語録4 [sage] :2008/08/31(日) 14:20:51 ID:7yhAgh1P0 これは非常に皇室の方たちにとって辛い事になってくる訳ですね。まあ、そういう事できちんとした 皇室の位置が社会で決められていないが故に、皇太子殿下が非常に苦慮されている結果が 今一杯出て来ていて、これは帝王教育がきちんとなされていなかったが故なんです。そして今 改めて最後にこの本で言いたかったテーマは秋篠宮家の悠仁親王殿下は一才のお誕生日をお迎えに なりました。で、これからは20年はあっという間ですよ。成人される。20年というのは早いですね。 私が地上から消えて程なく多分20年が来ると思いますけれども、この20年は短い。この短い期間に 日本国家は親王殿下のどのような帝王教育をする計画が今あるのか、殆ど何もないでしょう。 それどころか皇位継承まで明確ではない。こんな事をやっていていいのかと。 まず皇位継承を確定する事、そして、確定しているんですけれどもまたぞろ女帝論が出てくるかも 知れんし、分からない。それから皇太子殿下と秋篠宮殿下が共に手を携えて悠仁親王殿下という お若い王子様をお育てになる、これは20年間掛けて、これが今これからの日本の希望に繋がる 重大なポイントだと、それを急がなければいけない、だってもう20年はあっという間ですからね。 ・古代からですね。 ・今のお話でね、明治以前というものと明治以降の区別をなさっていると思いますが、明治以前の あの~今なんておっしゃった?あの天皇が?あ、はい分かりました。 それはね戦後象徴という言葉が出て来てから歴史学会の中で様々なあの上手い解釈が出来まして ね、それを武家政権というものが中心になった日本の歴史の中ではあの~天皇は権力を もたない存在で、権威を、宗教的権威を持つけれども権威を権力を持たない、これは歴史的に ず~っとそうであったと、遵って日本の天皇は事実上象徴であったと、そういう言葉が歴史学会を 中心にして自己弁解的に成立しまして・・・・そして皆を納得させてきたんです。 ・ですから・・・ 49 :朝生西尾氏語録5 [sage] :2008/08/31(日) 14:22:20 ID:7yhAgh1P0 ・象徴的存在であるという事はそれで良いんですけれど・・・その通りなんですけれど・・・ 日本の歴史と流れは権権二分論と言いますけれど権威と権力を二分にしてそれを両立させると 言う権権二分論が日本の歴史を貫いていますからそれが象徴的な位置にあったという事は そしてそれが戦後の象徴にピッタリフィットするんじゃないかという事がずっと続いて今日来ているんで それは良いんですが、しかし国際外交的にはおかしいですね。 ・だからね、国内の自己説明なんですよ。全部。 ・あ、ちょっと待って下さい。あの~え~とさっきの問題は憲法の一章の第一条に天皇は 日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であってこの地位は主権の存する日本国民の・・・ ここでは主権は日本国民にあるとまず最初に言っている訳ですね。ところが第二条で直ぐに 皇位は世襲のものであってという事で、主権が日本国民の総意に基づくと言うのが民主主義と 平等と言うのが認めている表現になっているのであって、それと第二条の皇位は世襲のもので あってというのと矛盾をきたしている、その矛盾を何とかして解決する為にその論理的破綻を まぁ、ある種に糊塗する為に象徴と言う言葉を持って来たと、象徴という言葉で苦肉の逃げを打ったと いうのが私の観察ですね。ですから・・・ ・合わない。だけれども矛盾してないんですよ(笑) ・そういうことじゃないですよね。そこんとこが変な議論になって駄目なんです。 50 :朝生西尾氏語録6 [sage] :2008/08/31(日) 14:23:22 ID:7yhAgh1P0 ・あのね、明治以降の天皇は天皇の人格と御徳、道徳ですね、それによって制度が守られると言う 傾向が強くて、それから昭和天皇も大変人格と見識が高いという事で大事な日本の危機を乗り越え られたという、それから同じく現天皇陛下もあの~今上陛下もご努力なさっているお姿が国民の 胸を打っているという事は、やはり個人の人格、個人の徳意に天皇の制度が依存している形に なっている訳ですが、これは本来のものではない、本来は古代、中世、近世にかけてどの天皇も そういう事で必ずしも一々問われてはいなかったと。つまり天皇は血統というものが中心であって それが神の、神格の理由ですから・・・・ ・極端な事を言えばそうだと、それが天皇家だと、いう事が天皇の条件だと考えるべきで・・・・ ・でも国民は今の天皇の、あるいは皇族のですね、不徳意や不品行を許さないでしょう。 だから人格を尊重するんです。 ・僕は日本の歴史に対するアメリカ人の恐れがあったと思ってますよ。恐れがあったから マッカーサーは手が出せなかった。 ・いや、勿論そういう事もあったけど恐れもあったという事です。 ・いや、そっくりそのままにしておけと、弄くっているのは新しい時代のいろんなものだと・・ ・私は遊んでいるんじゃなくて、何か外から怪しげな力が作用しているとは恐ろしいと言っているんです。 51 :朝生西尾氏語録7 [sage] :2008/08/31(日) 14:24:24 ID:7yhAgh1P0 ・いや、そうじゃないんです。ちょっとすいません。要するに皇太子が妃殿下に掛かり切りになっている様に 見えると、ずっと、そいで宮中にも国民にも顔を向けないので、そいで、ご承知の宮内庁長官が 一言あったと、そっから始まっている訳で、私が論を始めた訳でも何でもない。で、天皇皇后両陛下は ご健康がすぐれないほど苦しんでいるし、又、帝王学を教えたい、祭司の仕方も伝授したいと思っていても 思いのままにならないでいて日がどんどん経っているというのに対して皇太子殿下がのほほんとしている ように見えるという、それが私の苛立ちの基本にありますから、話はそこなんですよ。だから ちょっと憲法とか戦争とか今話をちょっと遠く行き過ぎるんで、その前にもう一つ聞きたいのは皆さん マイホームパパじゃ困るんですよ、という事なんですよ。 ・あのね、それは少し、斉藤先生のお話はね、国民にとって迷惑な話です。あまりにもね。 別に5年でも10年でも外国に行ってろという風に聞こえるし、え~、このままずるずると皇太子妃のまま、 あるいは皇后陛下のまま何をしても良いし何もしなくても良いんだよというような調子でいるというような 事が、そいでですね、実はWILLの編集部に沢山のコメントやメールが届きました。データがね。 で、その中で、うつ病患者の方が何人もお書きになっているんですが、皆、怒りを込めて書いているんですよ。 雅子妃がもしうつ病なら模範となるような患者になって欲しいと。自分達は会社に勤めながらどんなに 苦しんでうつ病を隠しながら努力しているかという事を考えると、そんな風には全く見えないと、いう事を 怒りを込めて書いている手紙が非常に沢山来たという事だけをお伝えしておきますね。 52 :朝生西尾氏語録8 [sage] :2008/08/31(日) 14:25:12 ID:7yhAgh1P0 それから、もう一つはですね、え~皇太子殿下、妃殿下の病気はお二人にとって不幸な事であるし、苦痛な 事であるし、犠牲を伴っている事だと思うんですがこれは個人の側にだけ起こるんではなくて 天皇の制度、天皇制度というものが同時に傷付いているんだという事が今良く、私が言おうとした事は その事ですからね、国家の問題が常に片側にあるという事を忘れるなと、それは緊急事態ですよ、 すでにと、そういう事です。 ・傷付いていると・・・ ・いや~だってそうじゃありませんか。あの~このままずっと行って、その斉藤先生のお話によりますとね え~と国民に向けて何か殿下が何かを謝るような事を言ったり、妃殿下を非常に何かこう表現すると それが直ぐにひびいて、病気が重くなるとかあるいは、兎に角殿下が宮中にひとりで頻繁に出掛けて行く 事も具合が悪い。愛子さんを連れて宮中に行く事も具合が悪い。皆妃殿下の病気を重くすると、これだった らもう手の打ち様がないじゃないかという風に見えるわけですよね。だから、皇室という環境を変えなくては 治らないという事になる。 ・それはでも紀子妃殿下に大変失礼な言い方になると思いますよ。紀子妃殿下だって几帳面で立派な方で いろんな事をなさっている方で・・・・ ・じゃあ誰がやるんですか? ・反論されていません。一度も。宮内庁から。いやいやそれは私の発言じゃありません。 私の引用した40年前の文章の間違えです。私は一度も宮内庁から批判された事はありませんよ。 感謝されこそすれね。 63 :朝生西尾氏語録9 [sage] :2008/08/31(日) 14:33:40 ID:7yhAgh1P0 ・さっきから官僚が駄目だって話が出てましたけど、それと繋がりましてね、あの~東宮というのはね 皇太子ご夫妻に関しては責任ある忠言者でもあり、え~警告者でもあり注意を喚起する立場にあり、 指導する、ある意味そういう事が出来るのは東宮大夫しかないと思うんですよ。やってないんじゃないかと、 そういう事を。それが一番の私の・・・・ ・え~だからそういう事も含めてね、外務省が一手に握っている東宮の事務局がおかしいと思っております けれども、兎に角、そういう意味での人のしっかりとした指導なんていう言い方は出来ませんけれども あの~ある種の導きなんていうものがないので、目に余る発言なんていうものが出るんですよ。 で、例えば一例を挙げますとブラジルご訪問の直前にですね、記者会見をなさった皇太子殿下はですね、 ブラジルには雅子さんをお連れしませんよと、回復に役立つなら今後外遊を考慮しても宜しいというような 発言。これはですね、これは公務と私的目的を混同している話だし、第一ブラジルで待ち構えている 100年祭の旧日本人に対して本当に無礼な話だし、兎に角そういう心無い言葉をホッと出してしまう 皇太子殿下はなにか・・・・そうじゃなくて役に立つことだったらば、そう言わないで皇太子殿下は こう仰れば良かったんです。雅子妃殿下は病気でありますから申し訳ないけど今回は慎ませて頂き ますと一言言って終わりにすればいいんですよ。それだったら誰も問題ない。それなのに・・・・ ・いやだって、ブラジルへ行くのは公務でしょ。で、それ以外の今後出てくるえ~その外遊も公務 ですよね。え~ところがもしその病気に役立つのでなければ連れて行かない、その公務を利用すると・・・ いや、そういう事ではないですよ 67 :朝生西尾氏語録10 [sage] :2008/08/31(日) 14:35:29 ID:7yhAgh1P0 ・じゃあ何故妃殿下はスペインには行きたいと言ってず~っと意地を張っておられたんですか? スペインには行くって言ってたんですよね。ブラジルもトンガもお断りになってスペインは行きたがっていた。 ヨーロッパだからなんですよ。 ・あのね、雅子さんよりももっとキャリアウーマンの人であっても、そういう人が皇室へ入っても もっと懸命にそして見事に皇太子妃を演ずる事が出来る人もおそらくおるでしょう。 ・一人のパーソナリティの問題ですね。人それぞれ違うという事で、そして・・・ ・今ちょっと話を切られたので・・雅子さんよりキャリアウーマンの人でも皇室に入ったからうつ病に なるとは限らないと、もっと懸命に処する事が出来る人がいると申しましたが、八幡達郎さんの 「お世継ぎ」という本に書いてあるんで私はそうして読んだんですが、雅子さんがキャリアウーマンとして 有能な人であったという前提で物を考えるのは間違いです、と。キャリアウーマンとしても能力の非常に 低い人だと、低い人だとはっきりしていると書いてある。それで、そういう実際にマスコミが作り上げた 虚像だと、学歴主義も含めてね。それは私が言うんじゃなくて八幡達郎さんが詳しく書いてます。 あの方が入られて、非常に厳しい状況の中で変わったのであって、これは・・・ ・マスコミがね。 ・男女の好き嫌いって言うのは別の話だから、どんな学歴であろうが高かろうが低かろうが 好き嫌いはそれで良いんです。それが一番正しいんです。ところがマスコミというか世の中が 高いキャリアだという事を喧伝した為にいろんな問題が起こっているんじゃないかと・・・ ・いや、キャリアだと言って苦労すると持って行くのも、実はキャリアだと言ってもそんなに能力の 高い人ではなかったという事が盛んに書かれているんですよ。で、あの~代表的なのが 八幡さんの本で・・・ ・キャリアというには短かったんですよ。 69 :朝生西尾氏語録11 [sage] :2008/08/31(日) 14:37:27 ID:7yhAgh1P0 ・いや皆さん、そこはね~ ・私はお医者さんの複数化が大切だと申し上げてるんですけどその場合に一人のお医者さんが 私物化しているんではなくて、医療法を公開する必要があると思うんですけど、出切るだけその 精神医学って言うのはいろんな哲学的解釈なんかも含まれるわけですから、簡単に病理学的に 答えが出るジャンルじゃないと聞いておりますので、ま、系統や学派や年齢も違う様々な人が 関与して国家問題なんですからきちんとした答えを出して頂きたいと思うんですね。 その場合、ご本人の自己解釈の文章というものも書かれるべきだと思います。自己解釈は 病理学的には必要なんでしょ?大体。ご本人が・・ご本人が自己解釈を聞いたり書かれたり するんじゃないんですか?治療の為に・・ ・国民全体ですね。うふっ、大変だねこりゃ(笑)ただ私に言わせれば天照大神は日本民族の 先祖だと思いますよ。 ・いや、私だけじゃなく多くの人は・・・・ ・あのね~、結局日本の宗教とは何かっていう事に希釈するんで、キリスト教の神のような ものではないとこれは明らかですね。それから中国のような皇帝崇拝と違う、これも明らか ですね。というと日本の天皇というのはあの~所謂生きてる人ですから、生きてる人をその~ 神とするというかその人の背後に神格を見るというのはこれは極めて日本的な宗教観・・・ いや~今も、今は神という言葉が神という字じゃなくてカタカナのカミです。 ・変わってないですよね。 73 :朝生西尾氏語録12 [sage] :2008/08/31(日) 14:39:26 ID:7yhAgh1P0 ・その天皇を戦争に利用した云々の事を言う人が良くいますけれども、良く考えなければ いけないのはキリスト教もあるいはロシア正教も戦争の為に総動員されていますから。 ですから、近代戦争はありとあらゆるものを利用するんですよ。 。私はどうあるべきかの前にこのまま行けば危ないという事をまず申し上げてるのは 天皇の制度を否定しようとする人達が虎視眈々と狙っているという事で、かつてはですね 非常にはっきりしていた事は、戦前は天皇の事を言っちゃあいけない、戦後はどんな 批判も出来るし、悪口も言えるし、しかも天皇を護れっていう声もいくらも言えた。 最近、一番怖いのは無関心ですよ。一つは無関心、国民の無関心。それと同時に 実は人格・人権、人権ですね、制度が雅子妃の人権を侵害しているじゃないか、皆さん 今日はそんな話ばかりしてますから、その人権を侵害しているっていう事を言ったら、 天皇を否定しようとしている人達はいいぞいいぞと手を叩いて見ている訳ですよ。つまり 天皇制度からの開放という事さえ言えば天皇は無くなるよと、そうすればうつ病だとか 何だとかは大変便利な天皇否定論者の主要なんです。 ・無関心じゃなくて関心、無くそうじゃなくて無くす事に関心を持っている人達、それは 密かに国民の無関心の高まりと、嘲る様な事を待っている・・・・ ・いやいやそうじゃないんだ。これはね・・・・ ・弔意を評する人が弔意を表する天皇陛下がおられるのは国民にとって有り難い事 だというお話がありましたけど、皇太子殿下がそろそろその役割を引き継いで貰わなければ ならないのに、まるで動こうともしない。これはどういう事なのか。 74 :朝生西尾氏語録13 [sage] :2008/08/31(日) 14:41:25 ID:7yhAgh1P0 ・ちょっと待って下さい。時代に即した新しい公務とかいう事を言います。 ・いやいやそんな事はない。天皇自身が一生懸命方式を伝授してそろそろやって貰おうと、 いろんな事を肩代わりして貰おうと思っているのに中々動かない・・・・ ・天皇陛下がご病気が段々進んでいて皆さん本当に心配している訳じゃないですか。 その問題をお考えにならないと、それを皆心配してこの後そんなに時間がないかもしれないと・・ そんな事言っちゃいけない事だから言えないけど今ひしひしと密かに言葉以外に感じているから 今、この問題が俄かに心配になってきてるんじゃないですか。 ・じゃあなんで人格の否定だの時代に即した新しい公務に切り替えようだのというのか・・ ・あのね~皆さんのお話を聞いてるとね、皇太子殿下は立派だし、雅子妃はちょっとご病気では あるけれど、ま、少し治るだろうと、それから公務をしてもしなくても良いんだと、それから 後は、今は天皇陛下が色々ご苦労なさっているけれどもそれも時間の問題で、やがて 皇太子殿下が今も準備を着々となさっているから上手くいくであろうから、何も言う事は ないと、万々歳だとこう来るわけですよ。それで良い訳ですね。そしたら今日の討論会を 終れば良いんですよ。何にも問題はないんだから。 ・斉藤先生、斉藤先生は妃殿下を直接ご覧になったりそういう事をやってるんですか? ・でしたらそんな断定は出来ないんじゃないですか? ・じゃあ5年もかかってあれだったら人を変えたら良いんじゃ? ・じゃあもう何にも手の打ち様がないって事だ。滅びるまで任せればいいか。 78 :朝生西尾氏語録14 [sage] :2008/08/31(日) 14:43:24 ID:7yhAgh1P0 ・そう言われたら神秘化されてねもう何も言う事がない。 ・いやもう医者がそうだと言ったらどうにもならない(苦笑) ・そうじゃない。話は逆ですよ。国民を護る立場なんですよ、国民を護らないで自分の妻を 護ると言っているのが何故立派なんですか。 ・そんな事はない。それは普通の家庭の人ですよ。パブリック、公的な存在の人だったら違う。 ・そうです。国民を護る立場です。祈りと共に護る立場です。 ・いや~そんな事はない。明日尖閣列島から沖縄が中国に攻められる可能性はある。 ・いや~そんな事はない、そんな事はない。もう間近に迫ってますよ。 ・ソ連がグルジアを攻めるように、中国は沖縄を攻めますよ。明日来ますよ。明日。 ・段々一般市民みたいになっていっちゃう。事が現実になっているんですよね。 ・何も戦ってないんじゃないですか、彼女は。 ・いや彼女は何も戦っているようには見えないな。 ・同情的過ぎるよ。あまりにも。 ・あのね、ご病気では説明の尽かないこと。ご病気を差し引いても問題である。許されない。 っていうようなことがあの~雅子妃殿下にはありますね。 ・まぁそうですね。 81 :朝生西尾氏語録15 [sage] :2008/08/31(日) 14:45:23 ID:7yhAgh1P0 ・私は一人の人間の治療というものと国家の安全というものとは別だと思っていますから 同時に両立しなければならないんで、しかし国家の安全を優先して貰いたいという事を 私は一貫して言っている事でありまして、つまり一人の人間の治療はどこまでも治療と いう事で行くならば、斉藤先生のおはなしであればどうしてもこの話は衝突してしまう。 で、外国に長く5年も6年も行けばあるいはその間治るかもしれないという事だったら これは、ご離婚か皇位の移動以外に無い。つまり皇位の移動というのは皇太子殿下が 自ら進んで秋篠宮に皇位を移動して、そして離れて外国へ行くと。それ以外に方法は ないんじゃないですか。典範を改正するんですね。それは一人の人間の治療というものを 追求するならそれしかないという事が昨今で言うテーマであって、で、私は一人の人間の 治療というものは本来私どもが本来最終とするテーマではないので、私は国家の安全と いう事を最重要と考えて欲しい。安寧ですね。安寧だけれども安全でもありますね。 あの大体天皇家の問題は安全保障に深いものがありますから。 ・あの一言最後なので言わせて下さい。あの~予想外に逆の事を言います。 え~と一年位に妃殿下は病気がケロッと治るんじゃないかと思います。理由は、 すでに治っておられるか、病気じゃないからです。まぁちょっと待って・・ありうるという 事を言っているのです。それからこれも言いにくい事ですが、私が書いた事で 一番喜ばれているのは皇太子殿下その方です。私は確信を持っております。 皇太子殿下をお救いしている文章だと信じております。それだけです。 圧迫されている小和田家に対する後押しです。小和田家と雅子妃にコントロールされ 圧迫されている状況の中で、それに対して・・・ ・私は非常に私の文章が、皇太子に近い人から殿下にとって救いになると聞いている。



戻る

inserted by FC2 system