過剰警備-081101

アンチ皇室ヲチスレ part294

39 :名無し草 [sage] :2008/11/01(土) 21:32:49
過剰警備批判あれこれw
ttp://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h021220.html 問3  陛下にお伺いします。即位の諸儀式の間に,厳しい警備体制がありました。 市民生活にも色々影響がありましたけれども,どのようにお考えですか。 天皇陛下  市民生活に影響があったということを,誠に心苦しく思っております。 一方,長期にわたる警察官の労苦も大変なことであったと察しています。 その尽力に深く感謝しています。誠に残念なことは,その間に尊い命が失われ, 重傷者を含め負傷者が生じたことであります。遺族や負傷者の家族を思うと誠に心がいたみます。 ttp://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h041221.html 問8  山形国体での発煙筒事件以来, 一時期ソフトな印象になった皇室警備がまた厳重になっていますけれども, どのように思われますか。 天皇陛下  警備は,社会生活に迷惑を及ぼさないような形で行われることが望ましく, 警察もその認識に立って,その時々の状況に応じ工夫や配慮をしていることとご苦労に思っています。 ttp://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h12.html 問5  最近,ご訪問先での通行人に対する過度な規制や, 度重なるリハーサルに伴う車の渋滞など,行幸啓の際の警備が過剰になり, 市民生活に影響が出ているケースが見られます。 両陛下の警備について,陛下がふだんお考えになっていることや, 最近お感じになったことがあればお聞かせください。   天皇陛下  私の皇太子のころは警備が非常に厳しく, 対向車も止めるという時代でした。私どもが各地を訪問する時, どうしても規制による影響が出ることは常に心苦しく思うことですが, 近年は対向車を通すなど,警察も工夫や努力を重ねてくれていることをうれしく思っていました。 この度の質問にある,度重なるリハーサルということは初めて耳にすることですが, このような質問に対しては私はお答えを控えたいと思います。 できるだけ市民生活を妨げない警備ということは, 警察も心掛けていると考えられますので,宮内庁が警察と十分に話し合い, 良い道を求めていくことが大切と思います。
40 :名無し草 [sage] :2008/11/01(土) 21:41:12
98 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/01(土) 21:08:17 ID:CWu05nydO >>50 電車より車の方が都合が良い理由があったのでしょう。 警備の仕方が変わるだろうと思っていましたが、まさかここまでとは… 105 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/01(土) 21:14:12 ID:dX7UvGcu0 車と列車の違いといえば、車は一切国民と接しないことですかね 112 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/01(土) 21:20:36 ID:EykOQxE00 >>105 一般国民と接触しない代わりに車移動はとても多くの国民に迷惑をかけます。 国道や高速を閉鎖したり公用車連ねて何時間も大移動。行っても行かなくても いい公務もどきに大金使うのは浪費ですね。ご本人もやり甲斐云々といってるんだし。 126 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/01(土) 21:27:10 ID:hBGpFeoJO 東宮への脅迫が凄くて、一般人も乗る電車では行けないのかもよ。車なら警備しやすい。 128 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/01(土) 21:28:20 ID:qBmcXOjEP >>119 車なら、東宮御所から目的地まで、ズゥ~ッと隔離状態。 列車だと、駅の通路やホームで、身を晒さなければならなくなる。
---------------------- 2003年7月献血運動推進全国大会、帰りは車 2005年1月国体冬季大会スケート競技会の開会式出席のため、車で山梨県入り 距離とダイヤの関係? 52 :名無し草 [sage] :2008/11/01(土) 23:20:20 >>40 >車と列車の違いといえば、車は一切国民と接しないことですかね >車なら、東宮御所から目的地まで、ズゥ~ッと隔離状態。 列車だと、駅の通路やホームで、身を晒さなければならなくなる
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081101/imp0811010749000-n1.htm その後、ご一家は高島屋前から車で帰路につかれたが、 乗車前にほほえましい光景があったのでご紹介したい。  通常、皇族方が訪問先の建物を出る場合、 集まった人々に手を振ってそのまま車に乗り込まれる。 しかし、今回はご一家が沿道の人たちの方へ歩み寄り、お言葉を交わされたのだ。  愛子さまは少し緊張したご様子だったが、雅子さまが促されると、 同年代の女の子と向き合われた。雅子さまは女の子の母親と思われる女性に 「運動会はまだですか」と優しく声を掛けられ、 皇太子さまも「これから愛媛県に行くんですよ」と話されていたそうだ。



戻る

inserted by FC2 system