メモ:水俣関連年表-081009

アンチ皇室ヲチスレ part281

493 :名無し草 [sage] :2008/10/09(木) 19:33:21
1931(昭和06) 昭和天皇、水俣視察生産奨励
1932(昭和07) アセトアルデヒド生産開始・年産210トン(水銀排水開始?)
1935(昭和10) 年産3,600トン
1939(昭和14) 人間への水銀汚染が確認される
1940(昭和15) 年産9,000トン
1941(昭和16) 最初の水俣病患者発生
1949(昭和24) 昭和天皇、二度目の水俣視察生産奨励
1951(昭和26) アセトアルデヒド製造工程の変更
         (触媒の変更など=水銀排出量が増加?)
1956(昭和31) 水俣病の公式確認
1957(昭和32) 西田栄一、水俣工場長に就任(1960まで)
         工場内でネコを使った確認実験が行われた
         江頭豊、中小企業金融公庫理事在任中(49歳)
1958(昭和33) 排水を八幡プールに流し始める
1959(昭和34) 水俣工場にサイクレーター完成・当時の金額で一億円
         (浄化設備:有機水銀の浄化はできなかった)
         厚生省、湾内で有機水銀を検出するも、通産省、有機水銀原因説否定
         漁業関係者との補償契約、被害者互助会との見舞金契約をむすぶ
         (水俣病被害はいったん、解決したとされる)
1960(昭和35) アセトアルデヒド生産量のピーク・年産45,244トン
         アミン原因説(魚の腐敗)が出される
1961(昭和36) 江頭、興銀常務取締役から新日本窒素の専務取締役となる(53歳)
1962(昭和37) 合理化提案・第二組合設立により労使紛争
         アセトアルデヒド生産の大幅な縮小が始まる
1964(昭和39) 10月、江頭、生え抜きの吉岡喜一に代わり社長に就任(56歳)
1965(昭和40) 社名を「チッソ」と変更
1966(昭和41) 6月、排水処理施設設置・当時の金額で50万円
1967(昭和41) 江頭社長、長期合理化計画発表
1968(昭和43) 5月、水俣工場でのアセトアルデヒド生産停止
         9月、政府・水俣病を公害認定
---------------------------------------
婆が持ってきたView記事内容も加えてみた

494 :名無し草 [sage] :2008/10/09(木) 19:40:31
今上が水俣に行けないはずだよ
国と患者との和解は悲願だろうねえ

499 :名無し草 [sage] :2008/10/09(木) 19:46:12
>>495
切ないよね
存命のうちに解決するといいね




戻る

inserted by FC2 system