雑誌と婆081006

・VIEWS1994年11月号(カラー7ページ)
 何か、誰がロイヤルカップルを苦しめる
 皇太子と雅子妃 「苦悩の結婚16ヶ月」
 文:高山文彦
・週女恒例婆釣り/週刊女性10月21号見出し
・女性自身(2008/10/21)見出し


アンチ皇室ヲチスレ part280 640 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:02:53
763 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/10/06(月) 12:15:00 ID:ecbAyjMR0 流れを読まずに失礼します。 片付け物をしていて、取っておいた昔の雑誌に関連記事があったので、 複合機で取り込んでPDFにしてみました。8Mほどありますのでご注意ください。 ・VIEWS1994年11月号(カラー7ページ)  何か、誰がロイヤルカップルを苦しめる  皇太子と雅子妃 「苦悩の結婚16ヶ月」  文:高山文彦 ttp://tnpt.net/uploader/up25/upload.cgi?mode=dl&file=20514 パスは naru です。 846 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/10/06(月) 13:47:32 ID:zNQ6X/QK0 >>763 やっと読めました ありがとう! やっぱり紀子様のお父様が怒鳴り込んだって話はジジンの怒鳴り込みのスライドでしたね それから「実際に雅子妃を知る医師」って誰だーw 渋谷氏かもう既に大野がいたのか すげえええええ、松本清張かむばーっく と叫びたくなりましたw
--------------------------- >ジジンの怒鳴り込みのスライドでしたね ほんとに読んだのだろうか 641 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:08:39 >>640 どんな内容の記事でも、「雅子」「小和田」その他雅子さん関連のワードのみが目に入り そこから、脳内で勝手に妄想記事に発展させ、都合のわるい箇所は フィルターがかかる便利な頭脳を持っているから 読んでいてもいっしょだろ 642 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:13:14
二年まえの一九九二年秋、全国民がお妃選びに注目しているまっただなかで、天皇と小和田家 のあいだを行き来し、メッセンジャーをつとめたある福祉団体役員の証言によれば、彼が小和田氏 に会ったとき、「陛下が皇太子殿下のご結婚を気にしている」 と伝えると、小和国氏は顔を曇らせ、うつむき加減になって、こう漏らしたという。 「殿下は帝工学に徹しすぎますよ。女は、男から言ってきてくれるのを待つしかないんです。雅子が 思い悩んでいるのを、みていられない」 皇太子自身がはっきりとプロポーズをすれば、小和田雅子はそれを受けいれる用意がある、とこの 人物は受けとめた。 その一ヵ月まえに、彼は天皇に会っている。そのとき天皇は、「小和田雅子さんという方は、どういう 方か。皇太子の気持ちは、どうも小和田雅子さんらしい」と胸中をあかした。そして、「外務省次官 の娘さんであれば、こちらとしても結構な話だとおもうが」と話した。 この人物は、この時、小和田雅子さんが本命であることを確信したという。その上で小和田恒氏と 会ったのだが、その直前、小和田氏本人が直接、天皇と会い、ふたりきりで結婚について話し合う 機会をもったと彼は語る。 「表向きは外務省次官が世界情勢の激変について、ご進講するということでした。しかし、中身は まったくちがう。皇太子殿下と雅子さんの結婚話が、二時間以上も交わされたときいています」 家長どうしの突っこんだ話し合いが行われていたというのである。 そのころまでに二百人ともいわれるお妃候補が、浮かんでは消えた。お妃選びのメンバーであった ある人物は、天皇と小和田氏の話し合いがおこなわれる一年近くもまえに、お妃選びが特定の流 れに向かっていることに気づいていたという。 「結論からいえば、はじめから雅子さんありき、だったのです。ただ、その時点では、雅子さんのことには 気づきませんでした。ひとつの決まった流れが存在しているということに気がついたのは、私とおなじ お妃選びのメンバーが突然、その任務からおりると言いだしたときでした」
--------------------------- 小和田家が怒鳴り込んだんではなく、今上が御進講の機会を捉えて直談判、になってしまうんだけどねえ 643 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:19:24 ここの人たちってよく婆の文章読めるね。 目がチカチカして頭が痛くなって自分には無理だ。 644 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:22:03 >>643 俺も殆ど読んでないよw 645 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:22:51 つか、めったに読まない 646 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:23:04 何でもいいんだろ、雅子さんのいい話をつぶせればw 647 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:33:03
875 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/10/06(月) 14:13:04 ID:rrd0Mvpk0 >>853 もう少し詳しく書くと、 婚約決定前ジジンに会った人談 「殿下は帝王学に厳し過ぎますよ。女は、男から言ってきてくれるのを待つしかないんです。 雅子が思い悩むのを、みていられない」 と漏らした。結婚を望んでいたのは、ジジンではなかったか。                                           ※A 外務省時代の雅子 「包括協議では一ヶ月泊まり込んで調整をやったこともある。 けれども彼女はのんびりしているというのかマイペースというのか、 一人2時3時を過ぎても黙々と仕事をしているんです」(元上司)                                           ※B 江頭は水俣病に直接関係なしというが、彼の就任時代が一番被害が拡大していた 東宮夫妻は水俣に慰霊に行くべき                                           ※C 〆は 「諸外国への戦後補償にあけくれたところで、足元の自国の民のこころが癒されない 限り、日本の戦後は終わらない。なおさらそれが天皇家の政治利用(※小和田の政治的 野心に前段で触れている)によっておこなわれつづけるのなら、人々のこころは 天皇家から離れていくばかりだ。政治の狙いがじつはそこにこそあるのだとしたら、 皇太子と雅子妃の姿がどことなく陰影をおびているわけもわかる。 『天皇家の在り方についての国民的な議論を、皇太子殿下はのぞまれているはずです』 21世紀の天皇家は、いま寒々とした荒野に立たされている」
----------------------------------------- 抜かしているところ、補足 649 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:34:16
※A 雅子妃がこの家にいたころは、外務省北米二課で日米包括協議を担当していた。 マスコミはバリバリのトップキャリア・ウーマンとしてさかんに報じていたが、現実はもっと おっとりとした女性らしい。外務省時代のある上司は、「彼女はふつうの女性なんで す。そこをみてあげないと、かわいそうだ」と言う。 ※B-1 自己主張をしない人だった。いちばんの美点は我慢強いことです」この話からは、 伝えられるイメージとは、まるで正反対の雅子妃の地味な姿がおもい浮かぶ。 皇族方による雅子妃バッシングは、ご当人にとってはいわれのないことだろう。 ※B-2 私は水俣湾を見下ろす小高い丘で、川本輝夫という六十三歳の農夫と会った。 農夫といっても、水俣病患者の救済のために、みずからも水俣病のからだをおして 闘いつづけてきた牽引車のひとりだ。川本氏は病のためにときおり首から上をぶるり と震わせながら、こう語るのだった。 「戦争中、チッソは国策会社でした。戦後は戦後で食糧増産のかけ声のもと、 肥料の大量生産をやっとりました。昭和天皇は昭和六年と昭和二十四年の二回、 水俣のチッソエ場に来られとる。ひとつの会社の激励のために、わざわざですよ。 私たちの調べじゃ、チッソは昭和七年から水銀をたれながしとるんです。 その七年後には、水俣病らしきものがでとる。 ※C 四、五年まえ、水俣病の患者たちのあいだで「水俣をみにきてほしい」という請願 書を、天皇家に送ろうという動きがあった。けっきょく内部の反対で実現しなかった が、いまでも川本氏は、天皇家に請願書を送りたいとおもっている。 「私らのあいだじゃ、皇太子夫妻で新婚旅行に来ればいいて言うとっとです。 賠償やらなんやらの問題はともかく、気持ちの癒やしがいちばんなんです」
651 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:35:54 昭和天皇もチッソ視察してたとはハツミミ 652 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 14:36:37 そこをスルーする婆w
徘徊婆 664 非表示:本文 665 :名無し草 [] :2008/10/06(月) 15:43:05 >「私らのあいだじゃ、皇太子夫妻で新婚旅行に来ればいいて言うとっとです。 >賠償やらなんやらの問題はともかく、気持ちの癒やしがいちばんなんです」 15年以上スルーしてるわね、皇太子と雅子
666 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 15:43:43 両陛下が行ってないのに、行けんでしょ
徘徊婆 669 :名無し草 [] :2008/10/06(月) 15:47:18 >>666 秋篠宮両殿下は訪れている 両陛下の名代か
670 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 15:52:47 名代ではないと思うよ 宮家なら行動できるというだけのことじゃないかな 671 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 15:53:59 名代ならその旨ちゃんと告知があるだろ そもそも、一宮家が天皇家の名代って、何だよそれww 672 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 15:55:16 >>651 こっちにもある ----------------------------
450 名前:名無し草[sage] 投稿日:2007/04/16(月) 20:49:48 「昭和」そのとき(5)公害を許せぬ元近衛兵ー不知火の海で 昭和六十年五月。 亡き陛下が全国植樹祭のため熊本に来られる数日前のことだ。(中略) 隅本栄一さん(71)に「陛下の送迎会へ出るように」と勧誘の電話がかかった。 元近衛兵の後輩からだった。隅本さんは断った。 「陛下が好きとか嫌いとかではない。ただただ、行く気にはなれなかった」 水俣病に侵された震える手をかざしながら、言った。(中略) チッソ。終戦までは軍需工場としても栄えた。 昭和六年、陛下の行幸があった。 軍服姿の陛下が当時の社長に先導され工場内を行く写真が今も残っている。 戦後、二十四年、陛下は再びチッソを訪問された。 総合化学会社として、日本の復興と経済の成長を助けている、とされていた 時代だった。 戦前、戦後、「昭和」を生き抜いた。そのチッソが、水俣病を生んだ。 だから、隅本さんは、チッソ、国、県の責任を追及した。                   1989年(平成元年)1月13日 朝日新聞朝刊
676 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 16:04:05 高松宮が昭和天皇の名代というのはあったけど、あの場合はご兄弟だし 痴呆が入っていた香淳皇后の名代で大喪@華子様 両陛下の名代で宮中祭祀@皇太子夫妻 他にはあるのかなあ 678 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 16:08:24 新婚旅行に来いってのはあまりにも何だな 682 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 16:12:17 まあ、でも水俣の人たちは苦労している分優しいね 両陛下に来てくれという嘆願書も思いとどまっている 行く行かないは、両陛下には決められないし、嘆願書が来れば困るだろうからね 689 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 16:46:03
48 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/10/06(月) 16:41:49 ID:AtynVkrSO 陛下とオワダが会ったのはどのタイミングだろう? あと「盆から妃候補として雅子の名前は出なかった」タイミングは?
------------------------- 陛下が小和田氏に雅子さん説得を頼んだとかいう噂は、前からあったのに変なの 690 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 16:49:05 1988年 7月 1日  小和田雅子氏渡英。外務省からオックスフォード大学へ留学 1988年 8月    礼宮渡英、オックスフォード留学 1989年 8月26日 礼宮と川島紀子嬢が結婚予定と新聞が報じる 1989年 9月    雅子氏、日本のテレビ局に「私には関係ないと思っております」 1989年 9月12日 皇室会議・礼宮婚約会見(この前後、礼宮、雅子氏に電話するが不調) 1990年 1月12日 礼宮納采の儀 1990年 6月    礼宮、雅子氏、オックスフォード大学から帰国 1990年 6月29日 礼宮結婚、秋篠宮家を創立 1991年12月 3日 恒氏、赤坂御所で両陛下にお会いする 1992年初頭    天皇陛下、皇太子の意向を汲んで欲しい旨、藤森長官に直接依頼 1992年 3月29日 恒氏、両陛下から娘雅子の近況を訊ねられる(?) 1992年 4月27日 千代田区内某ホテル会議室で宮内庁幹部6人、雅子妃実現に向け秘密会議             ・宮内庁長官藤森昭一・宮内庁次長宮尾盤・東宮大夫菅野弘夫             ・東宮侍従長山下和夫・宮内庁参与団藤重光・宮内庁参与須之部量三 1992年 4月頃   前外務次官の柳谷謙介氏、藤森長官から仲介役の依頼を受ける 1992年 5月頃   東宮侍従長山下氏(外務省出身)→元駐ソ大使中川氏→恒氏に皇太子の意向が伝達 1992年 5月中旬 中川氏の依頼を受けた柳谷謙介氏からも小和田親子に皇太子の意向が伝達 1992年 7月中旬 皇太子サイドから柳谷氏宅で再会したい意向が伝えられるが、雅子氏断る 1992年 8月上旬 宮内庁、再び柳谷氏宅での再会に向けセッティング(藤森、菅野、山下各氏) 1992年 8月16日 東宮職内舎人の自家用軽ワゴン車により、東京・五番町の柳谷邸で再会 1992年 9月頃   団藤重光氏、恒氏に面会し皇太子の意向を伝える 1992年10月 3日 再び東宮職内舎人の自家用軽ワゴン車により、新浜鴨場で二度目のデート 1992年10月下旬 雅子氏「自信がないので」と断る 1992年10月21日 天皇陛下、入江為年氏に電話:小和田雅子入内に向け協力要請 1992年11月頃   皇后の侍従次長重田、藤森長官、鎌田勇氏、恒氏と複数回話し合い 1992年11月28日 東宮仮御所にて三度目のデート 1992年12月 9日  雅子氏29歳誕生日午前0時過ぎに皇太子より誕生日を祝う電話 1992年12月12日 東宮仮御所にてプロポーズの受諾
695 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 18:09:03
126 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/10/06(月) 17:50:45 ID:dasv0gZf0 週刊女性 10月21号 雅子さま 側近がついに嘆いた!「最近の病状」 ttp://www.shufu.co.jp/magazine/woman/image/00000327_3.jpg
------------------- 週女恒例婆釣りか・・・
698 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 18:28:50
149 :可愛い奥様 [sage] :2008/10/06(月) 18:22:51 ID:JAa3KMB70 女性自身 雅子さま順調ご回復の陰で東宮女官VS.ご養育係一触即発「女のバトル」 雅子妃、東宮女官・木幡清子、ご養育係・福迫美樹子/ 女性自身(2008/10/21)/頁:47 愛子さま眞子さま「秋の運動会」へ-ご活躍にママたちの大声援! 敬宮愛子、眞子内親王、秋篠宮、紀子妃、学習院女子/ 女性自身(2008/10/21)/頁:50
----------------------------------- 週女と呼応してるようだw 699 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 18:31:08 毎度毎度女性週刊誌は泣けるくらいくだらないw 週女と女性自身、正反対・・・ 700 :名無し草 [sage] :2008/10/06(月) 18:42:08 まあ、オバサン受けを狙ってやってるだけで中身はスカスカだからw



戻る

inserted by FC2 system